やじさん異世界奮闘記

        やじさん異世界奮闘記
 ダンジョンでレベル上げ 5

「さてと、色々と聞きたい事はあるんだけど、まずは君の事を何て呼んだらいいのかね?」

「やじさん、かわいい名前を考えてよ~」

「う~ん、そもそもドラゴン様は、黒龍とかの色と性質を併せた名が一般的だが、まだ幼体だからいいのか?」

「え~色って、この子ピンクぽい色だけど」

「多分、言葉とかきちんと話せているから代替わりと見た。で、この体色から言って白竜だと思うけどな? そこんところどうなんだ? 君?」

「うむ、まあそんなところだと思うぞ。 人の子としては出来の良い方じゃな」

「人の子、人の子って、なんか偉そうだな。 そうだ君ドラゴンの子だからドラコでどうだ?」

「やじさん……..かわいくない」

「同感じゃ」

『う~ん、白龍だからホワイト、ホワイトだからクリームか……!』「 クリムなんていいんじゃない?」

「クリムか、かわいい感じじゃない、夕杏は賛成」

「わしも、かまわんぞ、少し照れるが」

「じゃあ、クリムでw」

「ねえ、やじさん、そういえば代替わりって何?」

「あ~あんまり無い事だから、教えてなかったな。
 ほら、ドラゴン属ってものすごく長命で千年以上は楽に生きる、そして地上生物で頂点と思われる強さがある訳だ。
 そんなのがポンポン子供産んでたら世の中ドラゴンだらけになって世界が破綻してしまう。
 だから個体が終わりを迎える前に一部を離脱させて幼体になるって仕組みができたという訳さ」

「おぬし、無駄に詳しいな。 まあ説明する手間が省けたので良しとするか」

「ふーん、じゃあ子供って訳じゃないんだ?」

「いや、成体のほんの一部だからな、子供といっても間違いじゃないさ」

「そっか、じゃあクリムちゃんよろしくねw」

「やじと夕杏と申したな、名付け親となったのじゃ、クリムを大事にするのじゃぞ」

「てか、クリム、帰らなくていいのか?」

「うむ、無理やり召喚されたと言ったが、退屈だったのでノリ半分で来たのでな、別にかまわん。 親体もほとんど寝て過ごしているし、しばらくは自由の身である」

「そうか、じゃあちょっと教えて欲しいんだけど、ここの下の方にクリムを召喚した奴が居るだろう? どんなやつだった?」

「その前にちょっとよいかな? おぬしが知りたいだけじゃ」

クリムの手がやじさんの頭に触れる前にやじさんは気を失うかのように座り込んでしまった。

『夕杏 スクランブルコード 01だ』

『は~っ もういきなりなんだから~』

スクランブルコードとはやじと夕杏だけで決めた暗号である。ちなみに01は状態異常になった場合に、何とかしろという意味である。

今回の場合、クリムがやじさんになにか仕掛けたと推察した夕杏は、いやいや三文芝居を演じる事にした。

「あれ、やじさん! どうしたの? ねえやじさん」

「夕杏よ、ちょっとこやつの心を見ようとしたが、避けられてしまったようだ」

「えっ なにしようとしたのよ?」

「この者はこの世界の者ではないと思ってな、そう感じてしまって知りたくなってしまったのだ、だが自分で意識を遠ざけクリムを断ち切った、知られたくない事のようだったのだな」

「あのね、クリムちゃん、何でも出来るからって勝手に人の中に入り込んじゃダメなのよ、やじさんだって知りたい事があったらちゃんと言葉にして聞いてたでしょ、分かった?」

「わかったぞよ、気がついたらちゃんと謝罪する故、許してくれのか? ついでに援護もお願いしたい。」

「ん~、どうしようかな~ なんか態度が偉そうだし~」

「すまん、悪かった、ちょっと耳年増で好奇心が旺盛なだけじゃ、心は純粋な少女なのじゃ、許してくり~。 ちゃんと聞かれた事には答えるし、そうじゃ、わしにできる事なら3つ願いを聞こう、いや聞かせて頂きます……どうじゃ?」

「まあ、そこまで言うんなら仕方がないわね、援護してあげるわよ」

「ハ~、良かった。 それでやじさんはどうすれば気がつくのじゃ?」

「自分で自分に睡眠魔法かけただけよ、普通に起こせば大丈夫よ」

「なんじゃ、寝ただけか、てっきりわしの所為かと思ってな、少し安心したぞよ」

『やじさん、起きていいわよ、変な役押し付けないでよね』

『夕杏、自分じゃ起きられないんだ、目覚めのキスを…』

やじさんは、夕杏の剣の柄頭で起きた。

「いて~な、もっと優しく取り扱ってくれないと物忘れがひどくなるだろ~」

「ほら、クリムちゃん」

「あ~、やじさん、さっきはすまなかった。このとおりじゃ、しっかりと反省して更生したのじゃ、許してくれ」

クリムは頭を下げると、横目で夕杏に、ほれ、とコンタクトを取る。

「ほら、やじさんもなんか言ってあげて」

『どうせ、聞えてたんでしょ』

「なあ、クリム。 今は俺達の事は詮索しないで欲しい。それだけ分かってくれたらいい。 それと、これからここの下まで行くのに協力して欲しいんだけど、どうかな?」

「わかった、感謝するのだ」

「夕杏、一旦戻って報告するか?」

「そうね、きっと首が伸びきってるかもね」

「あっ、クリムって人型になれるのか?」

「簡単じゃ、ほれ。」

クリムは簡単に人型、10才位の人間の女の子の姿になった。

「どうじゃ、かわいいじゃろ、」

「まっいいか、これから王の所へ戻るけどなるべく大人しくしてる事。 わかったな?」

「黙っていればいいんじゃろ? 簡単じゃなw」

『夕杏、今更なんだけどさ、俺はこっちの世界でドラゴンを見たことが無い…』

『そういえば、私もだけど、どういう事?』

『俺と同じようにここに紛れ込んだのかもな、まだ確証はないが』

夕杏は、思い出した。メインサーバーと交わした言葉を。

           -20-   ≫   -×-  目次