カレーを作る 創造~進化w

        カレーを作る 創造~進化w
今年3月の記事で、過去記事シリーズ20として追記修正して掲載しています。

 さて肝臓の疲れをいやしてくれる、鶏の胸肉を買ってきた訳だが、家の掃除をしたらちょっとお疲れモードになってしまい、夕食はいつも通り簡単に済ませる事にした。

 鳥胸肉を約1kg位買ってきたのだが、半分をぶつ切りし、もう半分を厚めのスライスにした。ぶつ切りの肉はカレーに、スライスは日本酒に漬け込んで焼くことにしよう。

 という事で、今回はカレーとした訳だがあんまりルウーを使うとカロリーが高くなるのでスープカレーと普通のカレーの真ん中あたりと設定して突き進む事にした。

 煮込む時点で薄目ではあるが大まかな味付けをし、仕上げに市販のルウーを少量加え完成となった。

 出来上がりを見ると、とろみも少しあってスープとルウーの中間路線としての見た目は合格だろう。

 味付けもスープのいい加減な塩味とルウーの適当な投入量が偶然のベストマッチングとなり、中々の味となった。
 現在は市販ルウを使わずにスパイス混合で作っている。

 ノンオイル・グルテンフリーでダイエット、肥満防止希望の自分には効果のあるものとなっている。 簡単な手作りカレー紹介記事 ⇦ 参照 ブログ内リンク

 たまに違うスパイスを加えたりすると味の変化を面白く感じられる。 まあ、自分で食べる分なので気負いなく簡単に済ませても良い作品はできる事があるのだ。


 漬け込んだ肉の方は後日調理する時に、その日の気分で味付けを決めよう。

 成功の後には失敗の影がちらつくのだが、元調理師とはいえ上手くいかない時もあるし、食べるのは自分だからそんなに大きな苦情はないでしょう。

 それに本来の目的は肝臓を癒すためなのだから、多少味に問題があっても薬だと思えばいいしね。

 そうだ問題の発生しにくい親子丼とか素焼きで市販のタレに逃げるのも一手だな。
 そんなこと考えながら今日は涼しげなので焼酎のお湯割りを頂いている訳で、話を変えます。

 昨日買ったポットですが魔法瓶機能良いですね、省エネというか節約というか、朝沸かして夜になっても一応お湯でした。

 まだ春先なので寒さも残っていますがこれからは、暖かい飲み物が少なくなっていくので電気代削減に役に立ちそうです。

 家に大勢いた時は月4万円以上という電気代がかかっていたから、現在の金額は半分以下となっていて随分と減ってはいるのですが、使わなくて済むものは多少の我慢があっても良いのではと思っています。  でもこれから夏でエアコン使うんだよね。

 最近は北海道といえども夏になると、じっとしていても汗が噴き出るような時がある。寝る時にそんな気温だったら、とてもじゃないが寝ていられない。

 海だって以前は見なかった小鯵やカワハギ等も幅を利かせる時があるし、北極の氷もかなり減ってシロクマも食糧が捕れず大変苦労しているそうだ。

 一説ではあるが小氷河期がこれから訪れると云うのだが、まだ先のようで自分が生きているとは限らない。
 その代わりと言っては何だが、辛いカレーを食べた後にエアコンの涼しい風に身を任せるのもおつですよ きっと・・・・。

 なんだかんだで、今日も特に何もない、まったりとした一日でしたわ。