ボッチドライブはやっぱり海ですか

        ボッチドライブはやっぱり海ですか
 散歩へ行こうと車に乗ったが、いつも同じじゃチョット飽きるなと、散歩の前に少し遠くへ行ってみるかと思った。

 いくら好きでやっていても散歩とストレッチだけでは生活に潤いがないでしょう。

 日本海側には暫く行っていないので、現在は無料である函館新道を使って北斗市方面へ向かう。

 この道路はまだ建設中で函館松前間を結ぶ予定だと聞いている。以前通った時は上磯位迄だったが今はどこまで伸びているのかも知りたかったのである。

 軽四なので70Km位で走行していたが、後ろへ何台か車が閊えてきたみたいなので少し速度を上げてみる。

 もう少し走ると追い越し車線があると標識に書いてあるので、そこまで我慢してくれとのアピールの意味を込めたのだが、どう理解されているのかは分からないのがつらい。

 自動車同士でコミュニケーションを図れる道具って検索したら、カーディスプレイと云うのがあって後方窓へ設置すると、あらかじめセッティングされたいくつかのアニメーションが声に反応して後方車両に見えるそうだ。

 まあこちらは法定速度を少し超えるくらいで走行しているのだから、そこまでする必要は無いと思うんだけど、問題になっていたキレるドライバーへの対策にもなるのかなぁとも思うが、キレる奴には通じないだろうとも思う。

 のんびりと走り続けていると以前来たところはすでに過ぎ去り、まだ道は続いているので、もしかして知らないうちに松前まで行っちゃてるのかなと思うが、終点なので速度を落とせよとの看板が目に入る。ナビを見ると、どうやら茂辺地近辺らしい。

 新道を下り海側の一般道路へ着いて右折しようと止まって信号を探したが、なかったので 無くても良いのかよ思いつつ 左右を確認して右折し松前方面へ向かう。

 来てみて良かったと思う。毎日同じ事の繰り返しに染まっていたが、海を見ながら走るのが心地よく気分が明るくなる実感を得た。

 夏だもんな、キャンプへ行くぞとの気持ちが強くなったのは言うまでもない。

 そうは言ってもどこか景色の良い所はなかったかなあと考えるが思いつかずにいると、サラキ岬の看板と駐車場が目に入りウインカーを即座にあげ左折して駐車場へ入る。
 よく見ると、ちいさな船のオブジェクトがあり、以前に来た事がある場所である事が確認できた。忘れてたと云うより心の引き出しの奥の方へしまっていたらしい。

 普段利用しない情報はこういう風に整理されるとは聞いていたが、多分あると仮定する、もっと奥の方にあるやつがどうなっているのかが心配だ。

 パソコンみたいにフォルダーの検索出来たらいいのにと思いながら、車から降りて潮風を感じながら下手な写真を撮るのであった。

 ちなみに、この岬の沖が咸臨丸の最後の地みたいです。

 帰りがけにいつもの散歩コースへ寄り、久々にコンビニの弁当仕入れて食べた後、食後の運動と歩き出した。

 たまに外で食べる弁当もおつな物であると、またドライブに行こうと思うのであったw