ルーペ眼鏡を買ってみた

        ルーペ眼鏡を買ってみた
 CMで舘ひろしさん等がかけているルーペ眼鏡なるものを見に行ってきた。

 今家で使っているブルーライトカットの老眼鏡の焦点がキーボードの距離と合わなかったので試しがけに行ってみたのだ。

 あの女優のお尻で座られても壊れないという所も、自分の印象を良くしているのかもしれないが、やっぱり実物を手に取ってみないと商品は分からないからね。

 公式サイトを見ると中国製の類似品には注意とあったが、あまり見かけた事は無い。

 本屋で付録的な感じで平積みされていたのを見たが、あれの事だろうか?

 確か千数百円で売っていたので、興味本位で眺めた事があるのだがガッチリラッピングされているため試しにかけてみる事は出来なかったのを憶えている。

 100円ショップでも老眼鏡があるからルーペ眼鏡もあるのではと、一度散策に行ったが我が街最大の店舗には残念ながら置いてなかったのも覚えている。

 それでいつもニコニコ現金値引きの量販店にお邪魔する事になった訳だが、初めにワゴンに積まれているお値引き品を物色してみる事にする。

 たまに掘り出し物があるので、この行動は無駄になろうとも絶対に外せない行動となっているので仕方がない。

 掘り出し物と呼べるものはあったが、今の自分には必要ないので、すごすごとお目当てのコーナーへ移動する。

ケース付いてた
 レンズの大きさと倍率を基本に、気に入った色を選ぶようで、お試し用に新聞紙が置いてあるのがイイネ という所だろうか。

 よく説明を見ると倍率によって焦点距離が違うようで、倍率の高いものほど焦点距離が短い。
 本などを読む機会が多い場合には倍率が大の方が良いだろうが、普段のネット生活には不向きなので一番焦点距離が長い1.32倍をチョイスして、かけてみると片手を目いっぱい伸ばして持った新聞の字が見えたので買うならこれだなと考えていた。

 そこへお店の方がやってきて、今すごく売れていますよと言う。しかも今特別売り出し中なので1000円引きになりますよと甘い言葉をささやいたのである。

 うむ -5% +(-1000) かと思っている最中に、色はどれがよろしいですかと聞かれたので、思わず白と言ってしまった。ついでにブルーライトカットですかとも聞いてしまった。

 その答えが はい だったため買う事に決定し、その眼鏡をかけながらこの記事を書いている次第です。

 結果としては、老眼鏡ではないため度数の概念がないので、壊れない限り使えるだろうという事になります。

 老眼になってもう結構立つ。初めこそ眼科に行って作ったが無くなってしまい、その後は市販品の老眼鏡で済ませてきた。

 これで、しばらく買い替える事がなければいい買い物だったのかもしれない。