ブログのSSL移行の詳細編(備忘録④)

        ブログのSSL移行の詳細編(備忘録④)
 前回まだ終わっていないかもとしたブログのSSL常時接続は今のところ不備が出てきておらず終了の兆しが見えてきたので少し細かく書いてみました。

 元々は職場の紹介ページを作るために借りていたものが、もうすぐ期限ですけどどうすんの?となったため、最初は独自ドメインを持たずにサーバーを継続して記事を書いていたからである。

 グーグルのお世話にならないのであれば、もう暫くはやらなくても良いのだろうけど、後の祭りだ。

 という訳で、SSLで検索すると大体同じような内容でくくられているので、やり方と順番らしきものをまとめると自分で何とかなりそうだったので、やってみる事にした。

 経験が大事なので、失敗したらバックアップから戻せばいいのだ。

1.
修復用のバックアップにはBackWPupというプラグインを使い念のためにバックアップデータのダウンロードをしておいた。

2.
問題の多くはブログの中にあるhttpという文字列をすべてhttpsに置き換えなければならないという点らしい事がわかった。

  レンタルサーバー会社にもよるのだろうけど、自分が借りているところはドメインを選んでSSL化するボタンでOKらしいが、既にブログ内にある画像のリンクurlはそのまま変わらないらしい。

 何故かを簡単にいうと、今までのブログはそのまま残っていて、新たにhttpsのブログを同じサーバー内にクローンの様に作り上げてくれるのだが、画像に関しては複製できないのでSSL用にもう一回アップしてくれよという事らしい。

 そこで先人たちは考えた、今ある画像urlにsを付けると良いべや、と。

 ここで登場するのがSearchRegexというプラグインである。
 これは指定した文字列(例:ALL15%OFF)を変更したい文字列(例:ALL30%OFF)と設定すると、あら不思議、ブログ内にあるALL15%OFFが全てALL30%OFFと書き換えられてしまうのである。

 なので今回は、指定した文字列(例:http:yazikun.saite)を変更したい文字列(例:https:yazikun.saite)と条件設定して、ブログ内のhttpを全てhttpsと書き換える事が出来た。
 終了後、このプラグインは削除した。(すまん あまり使わない)


3.
2迄で「https://yazikun.site」は出来上がったのだが、今までのブログも残っているので、このままでは何も変わらない。当然SSL化を知らないので今までと同じページが出て来るのだ。

 そこで今までのページにアクセスしてきたらSSLのページへ自然に送ってしまう手段としてFTPを使って「.htaccess」を301仕様でリダイレクト設定とする事が必要になってくる。

 これは各レンタルサーバーによって書き足す位置が違っているみたいなので、検索が必要になってくる。
(自分は301で全面設定したが、リダイレクトには何通りかの方法があるので必要に応じて検索すると親切なサイトが沢山ある。)

 これでアクセスしてくれた方はSSLの方へ到着する事が出来る。

4.
次にワードプレス自体の設定を変更する。一般設定を開くとホームページとサブアドレスの記入欄があるが、そこんところをhttpsに書き換えて保存する。

 この時一旦、追い出されるので再度adminページからログインしなければならない。自分だけかもしれないが、ログインアドレスが変わっているので覚えておくなどの注意は必要。(探すのに時間を取られる)

5.
これでSSLの設定は終わり、後はミス等の確認作業になる。

 自分のページにアクセスしてみて!マークが左上(クロームの場合)に出ていなければOK。

 自分の場合は出ていたので、画面で右クリックして検証画面を出す。
 赤の▲と黄色の●が原因なので検証画面の左から2番目のConsoleを押すとデカくなるのでチェックする。
(広告関連で出た物は直しようがないので対応してくれるまであきらめるか。取っ払うそうである)

 自分の場合メイン画像とサイトマップ画像の2つがhttpのままだったので、一旦画像を削除し再アップしたところOKだった。広告も対応していたみたいなので問題なしとなった。

6.
その後内部リンクの自作部分を点検、修正し終了した。

 残りはグーグル関連のアナリティスク・サーチコンソールの設定なので使っていない方は必要ないと思う。

 アナリティスクは管理からプロパディへ行ってhttpsを選択するだけでOK。サーチコンソールはプロパディを追加しなければならないのでhttpsアドレスを追加して終了となった。


今日は蒸し暑かったんで、さっきドラッグストアで蚊取り線香を買ってきた。
蚊がいる訳ではないが、なんとなく懐かしい匂いが欲しくなったからだ。

これで自分が原因なのだが、お部屋のたばこ臭さが無くなれば良いのだがと思いながら。