AMPページはどうする?

        AMPページはどうする?
 グーグルが推奨しているAMPだが、テーマの中に〈AMP機能を使う〉という☑があったので一度試してみたらエラーが次々発生して、その連絡が来る事になった。(普通のページに支障なし)

 相変わらず、ここがイケないので直してネッ、直したらもう一回見てみるから、と具体的な個所を教えてくれるのだが、そのほとんどが、旧HTMLタグ関連とスクリプトだったはず。

 理由は単純でAMPでは使用禁止になっているためらしい。

 HTMLタグエラーのほとんどは、画像関連でサイズや余白部分の指定に使っていたやつがアウトで、自分で直せるものだったので、使用OKな物で対応していたが、大部分のページに画像を置いていたため面倒になった事を、告白しよう。

 それとスクリプトなんて、テーマの編集からやるphpの書き換えになるので、自分みたいな素人では場所の特定も時間がかかるし、間違ったら全体がお釈迦になりかねない事を考えると「ちょっと待った!」となるのは、しかたがないだろう。

 という事で、AMP関連を検索したら、あまり評判が良くない。確かにモバイルでアクセスした時は表示速度が4倍程度上がるそうだが、サイドバーなんかは割愛されてしまうそうだ。

 つまり、ページの何割かは無いものと扱われ、必要だと思われる所だけを表示するので早いらしい。

 商品を扱うサイトにはテンプレートが用意され、海外では便利で早いとの意見もあった。

 が、我々一般人が使用しているワードプレスのテーマにある「AMPを使う」という機能にチェックを入れても、
初めに書いたように「ここ、違いますけど…」とお知らせが来るのだ。

 確かに今はスマホが幅を利かせている時代なので、その辺をターゲットにするサイトには必要なのかもしれない。

だけど、モバイル表示を早めるために全てを見直す作業は多すぎる。

 AMPページの基本のテンプレートというのも発見したが、これで最初から作り直すとか考えると、考えたくないと直ぐに思考が停止し、面倒なので今のところはパスですとなってしまった。

 他の検索した結果からも、今すぐ導入しなくても良いとの意見が大勢を占めていたので、特別に不利益になる事もないと思われるし、日本の大手通販サイトもそのままなので、自分もとりあえずこのままで良しと、しようかな。

 だが、HTMLタグについては、古い物は使用しない事になったらしいので、それらは避けて行かなければならない。

 そう思ったので、現在ある記事の中にある画像系タグを、コツコツと歩くようなテンポで改修中である。

 そういえばアナリティクのベーター版の新機能をまだ詳しく見ていないけど、どんどん新しくなっていく。

 世代交代と同じようなものか、でもなぁ、自分の頭の引き出しの隙間は残りわずかだと思うんだよな