Googleアドセンス 広告の許可とブロック ❷

        Googleアドセンス 広告の許可とブロック ❷
 前回の記事投降後に、色々検索したところ、許可して不利益になる事案が出てきたので、ご案内する事にしました。

 アドセンスとアマゾンや楽天などを一緒に掲載しているサイト(自サイトもです)、は注意が必要なようです。

 いくつかの検索で理解できたのですが、アドセンス広告でもアマゾン等のアフリエイト広告が流れる事があります。

 実は、その時に訪問された方が、広告をクリックされた場合に問題が起こるそうです。

 問題と言っても停止してしまうなどではなく、訪問された方がアマゾン等の広告をクリックした場合にクッキーがアドセンス側に切り替わってしまい、クリック単価の下がったアドセンスに流れてしまうそうです。

 そうです、本来より単価が下がるみたいだという疑いが、持たれている訳ですね。

 本当にそうなるのかは確認しようがない事と、その辺のシステム上の上下関係は自分には分かりませんが、クリック単価が下がった場合には疑ってみても良いのではないでしょうか?

 つまり、アマゾン等の広告を独自に掲載している場合は、アドセンスでわざわざ流してもらわなくても、構わないという事は理解できるという事です。

 さあ、どうする俺?

 別にやってみても良いんじゃね?

 特に広告的に不利益は無いし~、クッキーなんていじれないし~、ぐちゃぐちゃ疑り続けても、なんだしな、やってみるかな?
 そう考えると、自サイトで掲載しているアマゾン様、楽天様、もしもアフリエイト様の広告が、アドセンス様より流さないで欲しい旨の手続きをしなくてはなりませんね。

 そこで更に検索して、いくつかの方法を確認したのでやってみました。

 まずはアドセンスにアクセスして広告の許可とブロックの所のコンテンツを選びます。

 そして自分の該当サイトを選びます。

 するとURLをブロックというところが出るので、入力します。(例)www.amazon.co.jp

 こうやって順番に、流してほしくない所のURLを入れていくとブロック終了です。

 次にアドセンスの同じページのインデックスタブにある広告ネットワークを選び、検索部分を使って広告主のブロック作業です。

 (例)rakuten等と入力して検索すると、個別の広告主ネットワークが出てきますので、必要と思われる所をブロックします。

 ちなみに自分の場合amazonだけでは沢山の広告主が出てきたので、amazon.comで検索した所1件でしたが、正解なのかはわかりません。

 (もしもアフリエイト様は見あたりませんでした)

 この設定は、今日行ったばかりなので、これから様子を物陰から伺います。

 あと、ここの設定でデリケートな広告のブロックや、自分の載せたくない広告などもブロックできるようになるので、ページの雰囲気作りには最適だと思われます。
 ブログ作成関連記事はこちらです (`・ω・´)ゞ