男は黙ってDIY?(おやじの恋快適化計画)

        男は黙ってDIY?(おやじの恋快適化計画)

男は黙ってDIY その-2-


 備蓄品用の棚はある程度できたが、何を何処へどうやって収納すべきか…という点について、まだ、結論が出ていない。

 何故なんだ?
 そう、自分としては一段にゴジャッとなんでも詰め込まないで、さりげなくスッキリと種類? 種別?毎に纏めたいのだが、全ての品が統一されて綺麗にパッケージされている訳でもない。
 テッシュBOXならまだ良いが詰め替えのシャンプーみたいなやつはそのまま置くしかないだろう?

 そのほかに食器用洗剤やスポンジ、ごみ袋や乾電池や消臭剤や洗濯石鹸やクレ556等、「や」という字をいくつも書かねばならなくなってしまうぞw

 あと災害時の事を考えると、インスタントを始めとした食料品も腐らない程度には置いて置きたいしな(*´Д`)ハァ~

 そう考えると、一定の考えをまとめてから手を付けた方が無難であると俺は考える…、いや、ちょっとめんどいだけかもしれないが。

 よし、もう一つ棚を作ろう? そうである、おやじは普段過ごしているパソコン部屋にも棚を増設しようと企んでいたのだw
 理由はある、ブラザーのプリンターのインクが、一定期間使用してないと使えなくなってしまうのである。 まあ、これは他のプリンターにも当てはまるのだが、ここに有るプリンターは癖が強いのだ。

 アレだ、カラーインクも補充しないと白黒印刷さえできないのである(*´Д`) 馬鹿なやつめ…、と何度も調査しグレースケールにもしたが、インクが入っておりませんの一点張りなのである?

 以前は黒インクだけで白黒印刷できたと記憶してるんだが、どうにもならないものは仕方がないのである。

 という事で師匠から白黒印刷できる昔のプリンターを頂いたのだが、狭い我が家にプリンター2台を置くスペースの確保が切望される状況となったという訳だw

男は黙ってDIY その-3-


 そして動き始めた俺は、また適当に頭の中でアーダコーダと同じような事を繰り返して、とりあえず「やってみよう作戦」を稼働する事にしたw

 簡単に言うと木材を切った貼ったし、上手くいかなかったら何度でもやり返すという、いい加減な行動パターンである
(*´Д`)

 結果から言うと疲れて途中で止めたのであるが、失敗も少なくイメージ通り出来ているのではと思われる…、まあ、イメージの良し悪しは後の世の人が考察する事になるだろうけど。
 どんな感じになるのか? これは少し前に作業した備蓄を収納する棚を応用したいとは思っているが、パソコン関連の機器も操作しなければならないので一つ一つ確認しながら進めた方がいいだろうw

 何故って? プリンターも結構重たいので軽い地震なんかでひっくり返ったら、俺の小さなハートが壊れかねないからな
(/ω\)

 それと、もう少ししたらTVを置いてある収納家具も自前の棚を作成してスッキリと統一性を持たせてもいいな…、あ~話がズレてしまった(*´Д`)

 え~、なんてたってキーボード周りは広々してないと、マウスを動かすにもイライラするし、可能なら書類なんかも、ビロ~ンとおっぴろげ、お役所なんかの物凄い小さな字の場合には虫眼鏡で見ながらの作業にも対応したいものである。

 うん、今使っている机の上を開放地区にすればいいんだw

DIYって疲れる? (/ω\)


 備蓄品の棚もそうだが、作ったは良いけれど、いつ物を収納するんですか? ねえ、おじさん…、いつですか?

 うるさい? 分かっているんだそんな事、ただネ、木材を何回にも分けてカットするより纏めてやった方が合理的でしょw 車庫のおがくずの処理だってしなくちゃならないし、電動工具の音って結構響くから夜にはできないでしょうや(; ・`д・´)
 なるほど、考えていないようで考えていたんですね…? ところで、いつ散らかっている物を棚に収納するんですかね?

 いや、木を運んだり組み立てるのも結構疲れるんですぜ、やり直したくないから真剣に考えると頭も使うしね、身も心も疲れっぱなしってとこですか( 一一)フン

 やらないと言っているわけじゃあないんだよ、なんせそれが目的なんだからさw

 こうやって一人で妄想するのは心のDIYなのかもしれない(*’ω’*)
 

男の思惑関連記事はこちらです (`・ω・´)ゞ