ウォーキングブルース(*ノωノ)(おやじの恋快適化計画)

        ウォーキングブルース(*ノωノ)(おやじの恋快適化計画)

5年目の春


 仕事を辞めた時、改めて自分の肉体をジ~ッと見ると全身ブヨブヨのぽっちゃりさんになっているのに気づいたのだ(*´Д`)

 それからダイエットというか1日1600Calの食事制限を始めると共に、散歩というイベントを日常に加えた訳だ。

 そうして1年経った頃…、体重は10Kg以上減ったが、お腹周りのポッコリだけは消滅しなかったのは知っての通りだw

 なので散歩の他に筋トレや腹筋をしばらくの間加えてみたが、やらない日が多かったのか、お腹の脂肪は健在し続け今に至る(*´Д`)
 まあ何もせずに食っちゃ寝しているよりはマシだろう? そんな気楽な感じで続けていくのだろう( 一一)v

 と言う事で、筋トレとは別にほぼ毎日行っている散歩だが、少し進歩してウォーキングと称しても良いのかな? 等と思う。

散歩の効果


 このウォーキングの効果だが、ネットで見ると有酸素運動で体脂肪の燃焼に役立ち、筋肉の衰え迄防いでくれるという魔法の言葉が散乱している。

 この間、散歩を続けて思ったのは、確かにダイエット効果はあるという事で、めでたいのだが、成果が大きかったのは始めた時から数か月間だった。
 そして現在に至っては散歩と食事制限の合わせ技で、何とか有効を保っている状態だ(/ω\)

 なぜなのか? それは散歩を続けて行くために決して無理をしないからなのかもしれない。

 歩く歩数は特に決めていないがコースの都合上、少ない場合でも3000歩以上で、多い時は倍の6000歩くらい、一万歩なんて歩いた事はないのが自慢だ(*´Д`)

 でも、そのおかげで続いていられると思うので、良しとしているw

俺流でいい??


 ネットで正しいウォーキングの仕方なんていうのを検索すると、なるべく大股で、いつもより早めに、大きく腕を振って歩きましょう(〃ノωノ)

 なんて、いかにもウォーキングしてますよ感が満載である。
 人目を気にしてしまう、かわいい俺にはとても無理だ。 自分の、だらだらと歩きながらポケモンをし、たまに写真撮って、というスタイルを自分なりに照合した場合、正しくないウォーキングだと自認するしかない。

 あくまで散歩であると装いたい…。 速足で歩くならランニングをした方がイイジャン、と心の中で屁理屈をこねまくりたいが、走るとまた肉離れを起こすかもしれないしなw

 だが、そんなふうに懲りもせずに散歩を続けているのは、家にこもっているよりは体調管理の面で良いと思っているからである。

 天気の良い日は日光も浴びる事ができるし、良い空気も吸える、寒くなきゃ風も気持ちいい、いろんな意味で目の保養になるし、今日も歩いたなという達成感?が生まれるw
 自分で決めた事をやり続けるのは、ささやかな事でも良いものなのだ…雨の日や強風時にはサボるけどね(*´Д`)

 健康と食事関連記事はこちらです (`・ω・´)ゞ