ダイエットの弊害はとつぜんに?

        ダイエットの弊害はとつぜんに?
 無理のないダイエットを始めてから1年ちょっと経ち、体重は少しずつ減少しトータルで12Kg程の減量になっている。

 まずまずの成果であると確信し、これからもお散歩と食事のコントロールは続けて行こうと思ってたのに、なんと本日のお散歩が中止になったのである。

 自分の決定なので、責任者を出せとはならないが、原因は曇り空であった。

 広い公園なので途中で雨に降られると、か弱い体が耐えられずに、寒さで固まってしまうかもしれないとの考えだ。


   「おKグーグル? 函館の天気は?」

   「函館の天気は18℃、曇りです」

   「 Hey Siri 」

   ・・・・・・。
「お呼びですか? 名前を間違えているようですね 私はグーグルアシスタントです 何でも聞いてみてください」

「 Siri をどう思う?」

「どんな姿なのか気になります」

「Siri はどんな姿なの?」

「こちらが一致する画像です」

 スマホとの、たわいのない会話を終え、PC画面をクリックしてtenki.jpの雨雲の移動予想を見てみる事になったのだが、もうすぐ函館市上空に雨雲が押し寄せてくる映像が現れた。

 これは中止だな、賢明な判断である。スクワットの回数を増やして置けば問題ないであろう。

 外出しなくても、身だしなみは大切である。

 そう思い、髪をいじりながら鏡を見ると、なぜか顔全体が痩せこけて見える。

 もっとぽっちゃりだった頃は、お肌に張りがあったのにと孫を抱いている写真と見比べてみる。

 なんかじじ臭くないか・・・・、しわが深くなって丸みがなくなっていて、老けて見えるぞ

 急いでスマホに向かって、尋ねる。

「痩せたら、顔がコケタ、元に戻す方法は?」

 さっき、からかった所為なのだろうか、ピコッ という音だけ出して検索画面が表示された。

 そこに書かれていた美容整形の先生のお話しの重要な部分の抜粋

『元に戻す方法は・・・太るしかありません。あとは美容外科でヒアルロン酸を打ってもらうか、かな?』

 あれか、ダイエットしたら胸が先に無くなる、とかいうやつの、じじいバージョンか?

 でも、じじいが、美容整形とかに行くのは、ちょっと照れるなw


 まあ、急激に痩せたわけでもないので、加齢によるものを除いたら、脂肪制限するために油の多い肉を避け、豆腐や魚の割合を増やし過ぎたのか?

 とにかくお腹の内脂肪を何とかしたくて、揚げ物なんて避けてたしな。

 大好きなかつ丼なんて最近食べてないし、鳥モモのから揚げだって数回かじった程度だ。
 それに、スッポンなんて生まれてから一度も食べた事もない。

 とりあえず、冷静に問題点を整理してみようぜ、と自分に指示を出した。

 もうOKグーグルは当てにならない、自分で検索するのだ。

 でも一応あやまっておくか

「おkグーグル?」

「ピコッ」

「からかって、ごめんね」

「問題ありませんよ」

 仲直り出来たのか、あしらわれているのか分からないが、音声で応えてくれたので、許してもらえたようであるw