あれ?あれ?あれ?の面接でした

        あれ?あれ?あれ?の面接でした
 朝、余り早くは起きなかったが、今日は面接の日であった。のばしていた短めの顎鬚をそり、リクルートおやじの完成である。

 お髭はまたすぐ伸びるし、こだわってもいないので特に問題はないが一応書いておく。

 車で20分もあれば着くので30分前に家を出る。明日もヒーターを見てもらうため同じ道を走る事になるなあ、等と考えているうちに着いてしまった。

 ここまで来てしまうと、もうどうしようもないので、後はスマートに進めるだけで良い。

 初めてドラムをステージ上で叩いた時や、大勢の前で自分の意思を伝える事に比べたら、なんて事はない。

 結構俺は、できる男なのだ。

 受付のきれいなお姉さんに要件を伝える。

 あちらの席でお待ちください、と促され席について待つ事2分程度で面接する人が現れた。

 挨拶を交わして履歴書を手渡す。

 さらさらと履歴書を見わたし、長く勤めていらしたんですねとの一言。

 ついでに、6●才ですかと言われる….。

 長く勤めて退職したら、その位にはなるだろう、と思いながらもハイと答える。

 軽い世間話が、場を和ます。

 結構、応募があるので今月いっぱいはかかると思いますが?

 はい、大丈夫です、と答える。

 こちらから質問する。

 HPを拝見したんですけど、SNSの更新といったらフェイスブックですか?

 いえ、全部です。

 あれ? とは言わず、全部ですか? と聞く。

 ホームページ全部です。フェイスブック、インスタも含めてです。

 確か、俺が確認したHPは、イベント級の月単位は別にカウントしても、スタッフブログをはじめ、3~4カ所位は、毎日更新コンテンツがあった筈だ。

 ちょっと多すぎないかい? 報酬の割りに…..。

 募集ページではSNSの更新。毎日ちょっとした時間だけで済むような感じを受けたが、公式ホームページ全体の管理じゃないですか、この案件?

 全部だと大変そうですね、とさらりと聞き返す。

 え~でも慣れると前の日に下書きしておけば案外時間かかりませんよ。

 前日の作業は時間に入らないらしい?

 これ以上書くと、自分の個人保護法に反するので書けないが、書かれていた募集要項と、ここで聞いた話は、自分の中でかなりズレていると感じてしまった。
 まあ、こんなもんかと時間を過ごし、車へ戻る。

 もう大人なので、年齢とかで区別されても平気だし、多少の考え方の違いにも対応できる。

 お家に帰ってもう一回じっくり考えてみよう。

 面接は、使用する側と使用される側との、双方による面談であると思っている。

 互いにYES/NOといえる筈であると思うおやじであったw