でた、怪奇現象、でもラッキー?

        でた、怪奇現象、でもラッキー?
 寝る前に頂いたお口直しのバーボンの効果だったのか、深い眠りについた自分は予定の時間より、かなり遅れて目覚めた。

 今日の用事は、車中泊した朝から不調だった、車のヒーターの点検だけであるので、特に問題はない。

 しいて言えば、早起きするぞと誓ったあの日が、記念日にはならなかった事である。

 朝ご飯を食べ、歯を磨き、舌苔を取る。白髪交じりのヘアにシュッシュとスプレーしオールバックにしてみる。

 臭くないおやじに変身した。(/ω\)

 と、思い出す。厨房の時にキャロルのライブに行くとき、おやじのポマードを髪に塗りたくりオールバックにし、友人の母親に思いっきりツボられた事を。

 気を取り直して、車へ乗って車屋さんへ向かう。20分程の道のりで本来なら車内は十分に暖まっているはずだが、やはり不調であると感じる。

 車屋さんは、タイヤ交換の客で立て込んでいるらしく忙しそうだ。少なくても1時間はかかるという事なので、いつものように近所を徘徊する事にする。

 散歩を兼ねたウインドショッピングだが、日曜日なので人が多い。最近の函館は函館駅前方面より五稜郭地区や美原地区などの郊外に人が分散する。

 郊外へ人が移り住み、駅前近辺は空き店舗や駐車場が目立ち、老舗の棒二さんも苦戦しているようである。

 さてと、いつものコースで本屋さんへ向かい、その後スポーツショップに行ったがキャンプ用品はなく、ボードとスキーへ置き換えられていた。

 ファミリーのキャッキャする声の中、ダラダラと歩きながら時間をつぶし、1時間後位に車屋さんへ戻る。

 暫くすると、担当スタッフが来て車には何の異常もなく、現在は車の中は熱々な環境であると告げられる。

 エッ、だってさっきまで寒かったじゃん。なんで? どうして? どうなった?

 必死に、五号線を走った時の状況を伝えるが、余り説得力がないようで、黙って聞いているその姿が気の毒になった。
 気を使ってか、もしかしたら、サーモスタットの部分がうまく作動しなかったのかもしれないと言ってくれる。

 ちなみにと付け加えて聞いてみる。 そのサーモスタットを交換するには、どの位費用がかかるん?

 部品代は、数千円なのだが、周りの部品を出したり引っ込めたりする工賃が、3万円位かかってしまうとの事。(ノД`)・゜・。

 まあ、暫く様子を見るか? との結論にいたり、また不調になったらお願いする事にした。

 担当の営業さんがつぶやく。

 もしかしたら、心霊現象かもしれませんねと。

 ふむ、なるほど。

 ここへ来ると、車の除霊ができる事がわかっただけでも良しとするか。

 じゃあ、また~ と言って車に乗ると、暖かい空気がいっぱいになっている。
 俺は思う。 なんでだ? どうしてだ? 全て憶測でしかない。

 とりあえず、出費が無くなったのでいいか?

 また、除霊してねとつぶやきながら、おやじは車を走らせたw