ストレスに、サヨナラするのも悪くない

        ストレスに、サヨナラするのも悪くない
 誰かあるか?

 ハッ

 酒をもて

 そんな事など起こる筈もなく、トボトボ冷蔵庫へ日本酒を取りに向かう俺、

 もう寝る時間だというのにアニメを見たりネット小説を読んだりして、既に2時を過ぎている。

 バカか俺は?

 バカだ!

 そんなバカな俺が決めた事がある、以前ストレスでアレルギー症状が起きる事を紹介したが、仕事を辞めた後まで引きずりたくないという思いだ。

 大抵の男子は退職後、何も出来ない事に不安を覚えるらしいと聞く、突然暇になるからであろう。
 幸いと言っていいのかは確定できないが、自分は独り身なので自分の事は自分でやるしかないのである。

 決して暇ではないという事だ。

 仕方がないので、酒をコップに注いであげる事にした。

 なんで飲んじゃいけないの? なんて聞かれても俺が困るからのもあるが、余分なストレスはかけないように、ある程度自由にする事を許しているからだ。

 決して二重人格ではないが、それで自分に折り合いをつけている。

 バカな俺と、少し頭の切れる俺≒平均値という、自分なりの対応策である。

 おいおい、埃があるぞ

 へーい

 おいおい、洗い物がたまってるぞ

 へーい

 お前、臭くないか? (/ω\)

 ビニール袋を自分の息で膨らませ3分待って、臭いを確認する。ネットで調べた自己調査項目の一つだ。

 問題ありません。

 良し、

 AB型だから出来るのかもしれない、そうであれば優秀な血液型だと思うが、どうなんだろう?

 まあこれで、ストレスにならないのであれば大目に見てあげよう、我慢する事が得意であった俺の唯一の逃げ場なのだから、そう思う事にしている。

 我慢しなくていいんだぞ、退職してボーっとしている同胞よ!

 なんて、妄想に少し満足している。

 さて、少し前にアップしたやじさんの異世界奮闘記だが、暫くの間ペンが進まなかった (/ω\)エラソー

 最初考えた道筋を少し曲げたのが原因と分析しているが、なかなか元の筋書に戻る案が浮かんでこないからだ。

 自分にはこういう事が良くある。
 計画を立てても、好き勝手に行動してしまい、計画を立てた意味さえ見当たらなくなってしまうのである。

 もちろんチームでやる仕事では、やる事をやってからと、人の予定まで巻き添えにはしていないつもりであるが、確認した事はない。

 う~ん、そういえばゲームもソロで出来るやつの方が気楽で好きなのに、FFⅪを長年やっていたのは奇跡としか思えないな。

 PT組んでないと進めない内容もあったので自分を抑制していたとしか思えない? いや、たぶん周りにいた人がとても優しかったのは間違いないと思う。

 今思えば、周りの人は自分よりずっと年下だったので、おじさんの面倒をみてる感じだったのかな?

 ゲーム内で介護されていたのかと思うと、少し情けない。

 よし、明日からは計画どおりに生きて行こうと俺は思った??