今年最後のRUST,拠点かな?(一人暮らし快適化計画)

        今年最後のRUST,拠点かな?(一人暮らし快適化計画)
 最近RUSTにINしてもなんだかノリが悪くて30分程度で終わってしまう。 何を隠そう月初めに作った拠点が荒らされてしまいアイテムが一つ残らず持ち去られてしまったのだ。

 以前であれば気をとり直し、すぐに立ち直るのだが今回は何故かダメなのである。

 とはいっても、嫌いではないのでコツコツと拠点を建て、アイテムも集めているのだが、木を切り倒し、石を突っつき集める途中で飽きてしまうのだった。

 仕方がないので、RUSTの流れをブログで紹介するというクエストを自分で自分に依頼する事で、乗り切ろうという安易な方法を試す事にした。

 ゲームとブログの両立である???

RUSTの初めの画面は眠っている状態で水辺で目を覚ますところから始まる。

 今回は丁度浜辺に韓国国籍のキャラクターが寝ていたので画像を使用させてもらった。

 ご覧のとおり裸一貫からのスタートとなり、目を覚ましてから麻で服を作ったり、数少ない支給品の石ころを使って、斧やつるはしなどの道具を作り衣食住を一人で賄うサバイバルゲームとなっている。

 左に地図は現在地であるが、ちょっと大きめの島の一部である。 この地図から生活やアイテムが集めやすい場所を判断して移動を開始する。

 だいたい道路の終点には廃墟となったスーパーマーケット、や工場跡があるので、川が近くにある場合は川へ、無い時はスーパーへ食料を求めるのが良いと思う。

 なんせ、武器等ないのだから狩猟はまだできないのである。

 途中、石・鉄・硫黄などが捕れる鉱石があれば画像のように煌めく個所があるので、そこをど突くと通常より早く収穫できる。(木の場合は×印が出る)

 あとドラム缶を叩き壊すと色々なアイテムが入っているのでこれも頂く。

 そうやって、スーパーや工場跡に着くころにはある程度アイテムが貯まっているので、リサイクラーを探し当面使わない物は鉄やスクラップにして持ち歩くようにする。

 それより先に食事である。腹が減り0になると死亡判定となるのでスーパー・川岸で水と食料をゲットして80以上になる位までは食べまくる。

 その後、適地と思われる場所にて、木や石を補いながら拠点を立てる事になるが、余り大きなものを立てると風化を避けるために使用する工具棚にいれる材料が余計に消費されるのでソロの場合は、土台6個分くらいが目安だろう。

 拠点は建築計画書と言われる物を装備し土台壁床などを木を材料として組み立てていく。 それで大体のイメージでOKとなったらハンマーと言われる物で木や石鉄等に強化していける。

 最後の画像は強化前の拠点だが、これから鉄の扉と鍵を作成し手ぶらでは侵入できない建物へと変身していく訳だ。

 ただ、石や木の補充をやっていると飽きてくるという局面に立たされているため、ここまでの紹介となる。

 来年初めにはワイプでみんな一斉に水辺からのスタートになるので、その時からまた頑張ろうとの考えが頭から離れない。

 ゲーマーとしてはどうなのか?との思いもあるが年の所為にしておこうw