北海道は案外大きい(一人暮らし快適化計画)

        北海道は案外大きい(一人暮らし快適化計画)
 以前キャンプへ良く行っていたが、何年かにわけて北海道をまわった事がある。 とりあえず海岸線を走破して次に内陸部を横断・縦断する計画だったが、結局周り切れなかったところがある。

 同じ北海道なんだからいつでも行けるのだが、とにかく時間がかかるのでまとまった休みがないと不可能になってしまうのである。

ちなみに札幌起点の資料があったので掲載しておく(Good・Day北海道様)

  • 小樽まで 39 km 約70分
  • 千歳まで 39 km 約70分
  • 余市まで 59 km 約100分
  • 苫小牧まで 66 km 約110分
  • 倶知安まで 91 km 約130分
  • 富良野まで 114 km 約150分
  • 旭川まで 130 km 約190分

  • 留萌まで 132 km 約170分
  • 室蘭まで 133 km 約195分
  • 長万部まで 142 km 約180分
  • 浦河まで 175 km 約225分
  • 帯広まで 208 km 約260分
  • 名寄まで 223 km 約280分
  • 函館まで 248 km 約310分

  • 紋別まで 272 km 約360分
  • 北見まで 291 km 約390分
  • 稚内まで 315 km 約370分
  • 釧路まで 328 km 約410分
  • 網走まで 359 km 約460分
  • 根室まで 453 km 約550分
 札幌が起点の距離なのだが、自分は函館市なので一番南の端、札幌以外は足し算が基本になる。

 だがナビゲータがあれば最短コースや高速道路を通らない等の選択ができるので距離や時間が短くなるのが救いだ。

 出張などの場合は電車や飛行機を利用する事もあったが自宅から目的地までの移動を考えると札幌近辺までは車の移動の方が気楽だった。


 それに飛行機は道内なのに費用がかかりすぎるので余り選択肢として出て来ないし、飛行場が市街地から離れているのもある。

 そんな環境の中、一日の移動距離を100Km程度にして車で北海道キャンプ場巡りをしていたのであるが、はじめて北海道の地図を作製したとされる、伊能忠敬様と間宮林蔵様は徒歩だったはずなのでパワフルな人達だなと実感できる距離感である。
 今でもヒグマはいるが、当時は生息数も多かったに違いないし野営などは怖かっただろうな、なんて考えてしまう。

 ちなみにだが函館近辺でもヒグマが居り、自然に近いキャンプ場では食料の管理やゴミなどの持ち帰りの指導がされています。

 誰もいない、山の近いキャンプ場の夜は、風で近くの笹が鳴るたびにドキドキしたものです。 福岡大学ワンダーフォーゲル同好会羆襲撃事件なんて読むんじゃなかったって思います。


 熊は一度自分の物だと認識すると持ち主がいくら主張しても返してはくれません。自分の持ち物を全て投げ出して、それに興味を持っている間に、背を向けずに退散する、がセオリーらしいです。

 という事で、北海道に住んでいながら未だ訪れていない所がまだあるんです。
 ボケなんかで車の免許を返納する前に、ミッションを完了したいとは思っているんですが、この距離を考えると中々決心がつきません。

 道の駅もずいぶん増えたので、熊に怯える事もなく車中泊でいけるとは思うんですがね~w