予防接種はしてないな(一人暮らし快適化計画)

        予防接種はしてないな(一人暮らし快適化計画)
 インフルエンザの予防接種は医療機関にいたため、ほぼ強制的に毎年受けていたが、仕事を辞めてからは受けていない。

 自分は注射が嫌いだし、出歩く時はマスクして歩いてるし、病原菌が多数存在する人混みには近づかない等の対策は出来ている、と思う。

 一番の理由は、インフルエンザに罹った経験は中学生頃が最後でその後、世の中でインフルエンザが流行しても自分にはあまり関係なかったからだ。

 他の病気に関しても、小さい頃は学校で集団感染してしまう定番の洗礼は全て経験したし免疫はある程度あると思っている。

 たしか免疫力が低下するって記事をどこかで読んだが、見なかったことにしている。


 が、今日ネットニュースを眺めていたらインフルエンザの患者が急増しているというではないか。 毎年言っているような気がするが気の所為か?

 厚労省が18日、最近の1週間(1月7~13日)の医療機関の患者数警報レベルの30人を上回って38・54人だと発表したそうだ。 去年より1週間早いらしい。
 通勤通学が必須な方は、人混みをさまよう行為が避けられないので予防接種を受けた方が良いと思う。

 接種後はインフルエンザウイルスに遭遇した場合、症状が軽くて済むはずなので利用を進めるが、自分は遭遇確率がとても低いので、もしかかった場合はゾフルーザに身を任せようと思う。

 既存のインフルエンザの薬とは違い1回の服用で済むらしい。 なので痛い注射は遠慮しているのだ。

 それに、最近、前回記事のとおり自分なりの規則正しい生活をすごしているので一部分を除いては健康であり、体力もあるので多分大丈夫だ…よと思う。

 以前、風邪を患い長引かせて肺炎になった事があるが、睡眠時間が短く、不規則な生活だったため、体力が著しく低下していたからだと思っている。

 肺炎の薬を頂き、自宅でのんびりしていたら1週間もかからずに治った経験もある。 最新の薬と体力で、病気には打ち勝てるのだと信じているのである。

 まあ、助からないようだったら延命拒否権を発動するだけだ。

 ここ数年で医療機関に受診したのは、詰めものが取れて歯科に一度と、五十肩で整形外科に2度の合計3回である。


 日本の医療費増加にはあまり加担してはいないし、介護保険は未利用の優良おじさん物件だと思う。

 そういえば、いろいろな新薬が出ているみたいだが、庶民にはまだまだ遠いみたいである。
 近い将来近所の小さな病院で、これ飲んでおいてくださいね、なんて言ってガンの治療薬なんかが処方されたら良いな等と思っている。

 まあ、自分は間に合わないだろうけどw