異世界での食事と運動(一人暮らし快適化計画)

        異世界での食事と運動(一人暮らし快適化計画)
 異世界に何も待たされずに召喚されるのは、ある意味災害である、チート的な能力を与えられる事が多いが独りぼっちで知らない世界に放り出され、サバイバル生活を強いられるのである。

 そんなネット小説で異世界物が好きだと言った事があり記事にもしてるが、よく出てくる身近な問題が異世界での食事の場面であり、調味料と主食が不足する事だ。

 作者が日本人だから異世界に行く主人公も日本人設定が多く、もれなく故郷の味を思い出すのである。

 出てくるモンスターを倒し、その肉を食べるのだが、最初は塩もなくただ焼くだけで頂く、そのうち塩を手に入れ、案外旨い。

 また香辛料を手に入れて、旨いな~この肉などと充実していくのだが、どの村や町の市場・食堂に行っても醤油や砂糖が無いのである。
 甘じょっぱい照り焼きや、すき焼き風などが恋しくなるのである、あ~白いご飯も食べたいとなっていく。

 砂糖は他の植物などから代用品が見つかる場合が多いが、発酵系の調味料が少なく醤油だけが見つからないのである。

 運よく大豆らしいものを見つけても、主人公は作り方が分からず、次に向かう何処かへ望みを託すのだ。

 まあ、ひと昔前の日本人が海外旅行へ行った時と同じ感じなのかもしれない。

 今、世界では日本の醤油が人気なのはTV等で知っていると思うが、一定の国には醤油が輸出されているので海外へ行く場合に日本から持ち出す事もあまり考えなくてもいい時代だ。

 その次に、よく出てくるのはラーメンである、パスタやパンはどの異世界でも出てくるがラーメンが無いのである。

 原因はチャーシューとかん水なのだが、チャーシューは醤油が無くて作れないし、主人公はかん水なる物が分からず小麦粉との合成が出来ないでいるのだ。 スープは豚や鳥に似たモンスターから何とか作れるが麺と具が揃わないという展開である。

 似たような理由でカレーも難しい部類にはいる、米という発見がなければライスが付かないのである。

 小麦があるのだから米もあって良いのではと思うが、半数以上の異世界小説では米が行方不明で捜索対象となっている。

 自分は異世界召喚されたい派だが、もしもの場合を考えてかん水や醤油・味噌の作り方や、芋焼酎の蒸留方法などについては学んでおきたいといつも思っている。 米はチネルか?

 そんな事を思うと日本の食卓は農産物のおかげで成り立っていると言える、ピザだってトマトがなければ成り立たないしな。


 今日は腹筋20回とスクワット10回とランジ片脚5回をワンセットとし、2回こなした、あと1セットであるが、また何を食べようか考えてしまったのである。

 その時、異世界での食事を思い出してしまったのでこういう記事になってしまった。 (/ω\)

 異世界では狩や討伐で、体を酷使するほど動き回るので、太るとか、鈍るとか問題は無いに等しいが、自分にはあるのである。
 基礎代謝以上食べてはいけない、基礎代謝をあげて脂肪を燃やす、だらしないお腹を引っ込める、食った分くらい動け、などの目標があるからだ。

 そう思いながら、もしもの為に蒸留酒の作り方なんかを検索するのであったw