隣は何をする人ぞ(一人暮らし快適化計画)

        隣は何をする人ぞ(一人暮らし快適化計画)

何して遊ぼう?


 65才以上の方々が何を楽しんでいるのかというランキングを見つけたので見てみた

16位 ペッ トと遊ぶ (過ごす)
15位 歌や踊り
14位 パソコン、インターネット、携帯電話
13位 屋 外 での趣 味活動
12位 ス ポーツ活動
11位 スポーツ観戦・観劇・音楽会・映画
10位 読書
 9位 ビデオ、音楽鑑賞
 8位 散歩・ウォーキング・ジョギング
 7位 買 物・ウィンドウショッピング
 6位 家 族・孫と過ごす
 5位 旅行
 4位 食事・飲食
 3位 仲 間・友人・同趣味の人との交流
 2位 新聞・雑誌
 1位 テレビ・ラジオ

 見たところ、特に若い人達と違わないと思うのだが、順位は変わるだろうなと思う。多分、多くの人が複数個を実践しているに違いない。

 と言うか全てが網羅されてる感があるのは自分だけだろうか?

政府調査


 まあ、ケチをつける気などさらさらないので、一人で出来る事と複数人が集まれる事があり、上手に使い分けているのだろうと理解して、大事な資料として記憶する事にした。


 そういう中で、気になる記事が目に止まった、一人暮らしの高齢者のうち76.3%の方が、一人暮らしのままでよい、と考えているそうである。

 元ネタとして内閣府が2016年12月に全国で実施した、一人暮らし高齢者に関する意識調査結果で、有効回答数は1,480人、調査員による個別面接なので一応信頼できると思う。(男女比1:2で65~80才まで)
 その分析によると、現在の生活を幸せと感じている方が多く、70%以上が経済的に心配がないと回答しているという。

 うっ、自分はまだ65才ではないが、お酒が買えなくなったらどうしよう、といつも心を震わせているぞ。

 そして、さっきランキングにも出た、テレビ・ラジオを楽しんでるという方が80%位になるそうだ。

何を考えてる?


 その他で特徴的な事は、子どもとの同居を希望してる人が10%程度いるそうだが、70%以上方が、一人暮らしのままがいい、と回答している。

 心情としては普段の用事や、軽い病気の時は子供に頼りたいが、介護となったら専門職にお願いしたいと考えているようだ。

 うっ、自分はまだ65才になっていないが、同じような考えである、気分はもう高齢者なのかもしれない。
 最後の方に、孤独死の質問があったが、孤独死を身近に感じない方の方が半分以上で、感じるという方は40%を少し超えた位であったそうだ。

 そうだよな、孤独死のニュースなんか見た時は、自分は何日目で発見されるのだろうとか考えるけど、少し時間が経てば、そんな事はきれいに忘れてしまってるし、そんなものだろうと思う。

俺の明日はどっちだ


 冬期間なら、ミイラになる可能性もあるが、これからの季節を考えると一人の時に死んではならない、せめて119番してから、くたばろうと思う。

 それと延命治療の必要がない事が分かるように、目立つところに貼っておかねばならないな、改めてそう思うのであった。

 関係ない話かもしれないが、年末に買ったパック入りの餅が手つかずのまま残っている。もし、のどに詰まったら電話なんて余裕ないしな、
 麺を食べる時にでも、ぐにゃ~っとなる位煮れば大丈夫か? いや、へばりつかれるか?

 小さなおちょぼ口で、少しずつ食べると良いらしいが、ついガブッていっちゃうんだよな、近いうちに勝負しようw