最強、とりあたま伝説(一人暮らし快適化計画)

        最強、とりあたま伝説(一人暮らし快適化計画)

休肝日


 昨晩は休肝日にしようと思い、番茶をすすりながらPCで遊んでいたのだが、寝る前に読みかけのネット小説を開いていた時、何故か焼酎のお湯割りを飲んでいる事に気付く。


 う、長年の習性とは恐ろしいものだ、番茶のおかわりに行ったつもりだったが、ポットからお湯を注ぎ、芋焼酎を加え、口に運び、2口目で休肝日を思い出したのだ。

 う~ん、午前零時は過ぎているので一応、良いのか? と思うが、よく考えると24時間を経過していない事になるのでアウト判定だろう。

 しかし、飲んでしまったものはしょうがないし、カップに残っているのを捨てるのもしのびない、よし、明日だw
 くよくよ しないおやじは引き続き小説を飲みながら、焼酎をチビリチビリと飲み続けるのであった。

依存症


 アルコール依存症の症状を検索して見ると、手が震えるとか寝汗をかく等の身体的な症状が記載されているが、自分に当てはまるものと言えば、毎日適正量以上のアルコールを摂取してしまう事である。

 20年以上前から健診にて脂肪肝と言われ続け、GOT、GPT、GTPとかの数値が基準値をはるかに超えるチート状態は今も健在だと思うし、酒量が少し減ったとはいえ、そんなには変わっていないはずだ。

 もっと休肝日を設定した方が良いとは思うんだけど、疲れた体にしみわたる最初の一杯がおいしくて、つい飲み過ぎちゃうんですよね。

 そんな自分ですが、何故か昼間に飲むのは嫌いなんです。 真夏の日差しの強い暑い時でも、ビールなんて飲みたくはなく、キャンプとかの夜に火を見ながら飲むのが良いんです。

失念する鳥頭


 夜に酒を飲む、何かの儀式なんでしょうか?  それとも、単に体を清めているだけなのでしょうか?

 そんなバカな事を考えていないで、今日の休肝日を成功させなくてはいけません。

 昨日失敗した事を十分に反省してるので、意識付けされたはずなので大丈夫だとは思うんですけど、念には念をという事で、今足で遠くの方へ追いやりました。
 手を伸ばせば届くんですが、さすがに手を出した時には思い出すだろう、という作戦です。 上手くいけばいいのですが、自分の鳥頭は最強ですから、少し心配です。

 このように、一人暮らしには誰からも何もして貰えないという、リスクが付き纏ってくるんですね、当たり前の事なんですが、気ままに生きている代償なのかもしれません。

日本酒と塩がいいか



 そういえば、乾杯という言葉を飲み会などに発しますが、日本では神と死者のためにお神酒を飲むという儀式が起源の一つとされているようです。

 現在では故人の場合は献杯と言って、目の高さまで杯を上げ発声と共に飲んで、故人を思い、黙とうするそうです。

 まあ、自分の場合は対象にならないと思いますけど (/ω\)