引き続き旅に出てみた(一人暮らし快適化計画)

        引き続き旅に出てみた(一人暮らし快適化計画)

またかよw


 洞爺から帰還後2日ほど経ち、一通りゲームの巡回を終え、落ち着くとまたどこかへ行きたくなり旅に出る事にする。


 今度は近場の海岸を走り、最初の夜は恵山町の「なとわえさん」という道の駅に停車した。

 ここはキャンプ場が併設されていて、道路を隔ててコンビニがあるので、突然何も持たずにフラッと来ても、何とかなる場所である。

 道の駅には既に5台ほどの先客も居て、寂しい事はない、さっそく寝床を整備し、焼酎を飲める準備をすすめ、晩酌と就寝の環境を整える事にする。
 少し歩けば砂浜に出るが、今日は波が少し高く、風もあるので、おとなしく車の中から津軽海峡を眺めながら、ちびりちびりと焼酎のウーロン茶割りを飲む、うん、美味しい ( ̄― ̄)v

 肴はさっきコンビニから仕入れてきた卵焼きと、さきイカである、波の音を聞きながら、静かな時が流れ、やがておやじは眠気を察知し、寝袋を広げた掛布団に身をゆだねるのであった。
「なとわえさん」 北海道の一部地域では「あなた」の事を「な」、「自分」の事を「わ」と表現する、この道の駅名は「あなたとわたしの恵山」という、意味になる

車中の夜の過ごし方


 ネット環境がないので、今日から暫くは、ブログをアップできないし、ゲームも出来ない、スマホでつなげる事は出来るけど、画面が小さいので、自分には向いていない事は分かっている。

 そんな事を考えながら夜は更けていくのだった (。-_-。)

 最近覚えた、堀内孝雄様の影法師を口ずさんでいれば、問題ない…いや、近いうちに何とかパソコンを稼働させたいものだと、実は思っているのも事実だ (/ω\)
 歌は世につれ、世は歌につれ、それではお贈りしましょう、⇒ zizi-tube 登録してみる   

免許制度が変わる??


 あくる日は、早い時間に目が覚めたが、少しダラダラと過ごす、頭が完全に覚醒するまで運転はしない方が良い、高齢者予備軍である自分は、事故など起こしてはいけないのだ。

 なんでも最近仕入れた情報では、高齢ドライバー専用の限定免許制度が新たにできるらしく、安全装置付きの車の限定免許と言うものが出来るらしい。

 あれだろ、自動ブレーキ付きで、じじばばの暴走をさせない魂胆だろう、75才以上が標的となるらしいが、義務づけはではなく選択制? 制度的に中途半端だとは思うが、俺は未だ10年以上の時間があるので、その内に義務化されるかもしれない。
 義務化を遅らせるためにも、予備軍の事故率を下げなければならないのだ。

 さて次は、どこに向かうか? 海沿いに北上すると鹿部町に着く、確か間欠泉があった筈で、以前立ち寄った事がある所だ、行ってみるか?

 今日は、曇りでとびっきりの上天気ではないが、まずまずの気分で、車を走らせる。 なんの目的のない旅も、フリーな俺にはなぜか楽しい。

 まあ、今日もネットには繋げられないが、家に閉じこもっているよりはマシだろう、昔よく釣りに来ていた、銚子岬の長いトンネルを抜け、時速60㎞で車は進むのであった (‘ω’)ノ