電子出版Amazon編(一人暮らし快適化計画)

        電子出版Amazon編(一人暮らし快適化計画)

電子出版、wordの設定


画像は右クリ開くで大きくなります
 前回はKDP (Kindleダイレクト・パブリッシング)への登録とか軽いおさらいをしたのだが、今回は自分でも理解できるように、テキスト保存したブログ記事を題材にした、おやじの恋前編の電子書籍化作業を図解入りのワード編でお送りしたいと思います。

 それではまず、KDPのヘルプから抜粋してワード文章をアップできるように書式設定をしてみます。
 ちなみに自分のワードは2007年版です、古くて違うと言われてもどうしようもありません
(/ω\)

 段落のインデント・行間隔を設定する、となっているので書かれているとおりにやってみるw
  • 「ホーム」タブで、「標準」スタイルを選択。
  • 「書式」リスト (ダイアログ ボックスの一番下にあるドロップダウン) をクリックし、「段落」を選択。
  • 「インデント」の「最初の行」で「字下げ」を選択し、「1 字」に設定します。
  • 「間隔」で、「段落前」および「段落後」を「0 行」に設定し、「行間」を「1 行」に設定します。
  • 「OK」をクリックします。
図で赤丸つけときましたんで、参考にして下さい、だから、word2007ですからw

タイトルは見出しで


 次は原稿を完成させるです、同様にやってみるw

 章タイトルの書式を設定します。 本を執筆するときに、章タイトルに「見出し 1」を適用します。このスタイルを適用すると、後で目次を作成するときに役立つそうです。

 第 1 章のタイトルの横にカーソルを置きます。 「ホーム」タブで「見出し 1」をクリックします。

 文字揃えを「中央揃え」に設定します。 各章のタイトルについて、同じ手順を繰り返します。

 ㊟ ここは、見出しだけを中央揃えにするという事です、全体ではありません
 図で赤丸つけときましたんで、参考にして下さい、すみません、word2007ですからw

 次、前付および後付を追加します、ですが、必須ではないので、カットします。

 あれです、能書きや筆者の事なんかを書いてるページですね、著作権などを主張する場合は⇒ “Copyright © 2018 著者名 All rights reserved.”を利用してくださいとの事です。

改ページ


 ページ区切りを入れる。 そのままだと、ダラダラと続く文になるので、小見出しごとに、改ページさせたい時に入れておきます。

 ㊟ 改行だけでページを移動させても、正確に反映されない仕様です、改行ではなくページ区切りでw
 目的の位置にカーソルを置きます。「挿入」タブに移動します。「ページ区切り」をクリックします。

 図で赤丸つけときましたんで、参考にして下さい、図はword2007を使用していますw

リンクは役立つ


 次はハイパーリンクです。 外部の情報へつなげたい場合、目的の所へジャンプできるようにします。

「挿入」タブに移動します。 「リンク」グループの「リンク」をクリックします。ダイアログ ボックスが表示されます。

「アドレス」フィールドに、リンクする URL を入力します。「OK」をクリック。

 今回の自分の場合、ハイパーリンクで目次ページを作って、小見出し2とリンクさせました。 目次ページから各章へ飛べるから便利ですよねw

 今回は、*冒頭のおやじの恋を、見出し1。 各章の表題を見出し2で統一してます。

 リンクを設定するテキストをハイライト(マウスで選択する)して、ハイパーリンクをポチするとリンク先の一覧が出るのでクリックで選択できます。

 アレッ、目次が自動で作れるぞ! しかもハイパーリンク付きで (/ω\)
 残念ですが、おやじの集中力が切れてきましたので、次回は目次の作り方から続きますw