手作り網戸と換気口(一人暮らし快適化計画)

        手作り網戸と換気口(一人暮らし快適化計画)

freedom 思いつくまま


 前回は新聞紙で型を取り、プラダンを切り出す用意が出来た事迄掲載したが、いよいよ、プラダンに切り取り線を書き、切ってみたところから始まる。

 材料のプラダンは、家の在庫で2枚しかなかったので、リアのスライドドラ2枚分がギリギリであり、大きな失敗は出来ない状況だ。

 まずは、網戸用からの切り出しである、後ろの窓は全開にはならず途中で止まるし仕様なので、そこら辺に網戸を付ける算段を付け、横長長方形に切り取った。

 はて、なんか大きすぎて、ゆらゆらしそうな気がするw

 思いついた! 師匠!! 補強の意味も込めて、縦に支柱を足しませんか? と切り取った後に言った。

 どうせなら、切る前に言えば良かったのにと言われるが、切った後に思ったのだから仕方がない、アルミテープを貼れば、十分大丈夫そうだと、お話合いの末に決まり、3つ穴の網戸となった。
 その後、師匠より、網戸を裏表から貼って2重にしようとの提案があったので、それも採用される事になった。 実に大らかで自由な工房である。

できる範囲で、頑張る


 網は、ソフトタイプの両面テープで固定し、その上からスタイルシートを貼って、インテリア性を高めてみました。

 そんな、こんなしていると宅急便が訪れ、Amazonに頼んでおいたUSB扇風機5V 風量調整機能付き2連が届いた。

 見た目はPC用ファンだが、スマホ用モバイルバッテリーに対応する、かわいい奴である。

 早速、実寸を計り、プラダンに穴を開けようとしたが、危険防止用の丸い網?がビス止めされているのを見、これは四角い穴を開けなくとも、ファンの部分に合わせて、丸い穴を開けて、ビス止めでいけるんじゃね? と思い仮止めしてみた。

 ん、十分どころかピシッと固定され、何も問題は無かったのだ、よしこれでいこうと決まったw

 こちらも、網戸に合わせて、リメイクシートで補強とインタリア性を高め、試運転をしてみた。

 画面では見えにくいが、煙草の煙もどんどん吸い込んでいて、実用性がありそうである (‘ω’)ノ

 さて、ネットの自作での多くはガラス窓にはめ込んでいるが、今回はガラス窓の外枠に標準を合わせた。

 従って、スライドドアにこの二つの作品を固定しなければならず、対策としてマジックテープを利用する事にした。
 のり面は2cm程度あるので、軽さからいって強度的には十分だと思う、またビリビリと剥がして、取り外す事を想定したので、釣り用のPBラインと結束バンドを使い扱いやすいようにセットした。

 輪っかを引っ張ると、爪を立てなくても煽る事が出来るのだ ( ̄― ̄)v

後は、試走してみる


 残念な事に、完成した時には夕暮れとなってしまい、車への搭載実験は明日になってしまった、なんせぶっつけ本番でやったのだから試行錯誤のオンパレードだ。

 作業時間? は4時間程度かかったと思う、特にリメイクシートは貼り合わせが多く、まっすぐ貼るのに時間を要したのだ。

 見た目は、頑丈そうだが、車で走ってみないと分からない、まあ、走行中は取り外す予定だが実用試験とはそういうものだ。
 さて、初めてとしては師匠の力が大きかったに違いないと思う。 明日は実際に車へ装着してみるぞ、DIY音痴の俺は、明日も強く生きていくのだ (/ω\)