なんとかなるさ(*ノωノ)(一人暮らし快適化計画)

        なんとかなるさ(*ノωノ)(一人暮らし快適化計画)

のしかかる重圧


 車中泊を快適に過ごすために見よう見まねで始め、完成した網戸と換気扇は無事に装着できた。

 しかしプラダン1枚にスタイルシートを貼っただけだったので、ゆがみが生まれ、俺の嫌いな虫の侵入の可能性が高くなってしまった。
 マジックテープや隙間テープでの補強も考えたが、見栄えにも少しこだわりを持つ者にとって、それはあまり歓迎されない。

 俺は、家にあった、カラーパネルを手に取る。 発泡スチロール製だが、意外に硬く固められている為、同じ5mmのプラダンと強度は変わらないように思えた。

 それと、これは仕入れた情報だがプラダンは紫外線に弱いらしい? まあ、カラーパネルも使用期間によって、反ってしまう欠点があるらしいが3枚貼り合わせれば、反りが少なくなるんじゃね?

 どちらも一長一短あるならば、DIYが苦手な俺は、切りやすく加工しやすいカラーパネルが良いと思える。

一人で出来るかな?


 そうである、師匠は近日中に仕事モードへと入っていく…したがって一度経験したとはいえ、自分一人である程度進めていかねばならない。

 そのため、打ち合わせを行い、構想の統一を図った、まず完成したプラダンの再利用である。
 網戸の方は軽量なので、基板をいくつか繋ぎあわせて作成した事もあり、サイズ変更のカットには耐えられそうにもないので、3枚のカラーパネル・オンリーで新規作成する事が決定。

 そして換気扇の方は基板が1枚なので必要と思われるサイズへの加工が可能だ、カラーパネルを2枚利用し補強と隙間対策を行う事と決まった。

 もう一つあった、100円ショップのカラーパネルは45㎝しかなく、スライドドアのガラス幅には足りない、ホームセンターにて仕入れなければならない。

 今回はブラックで統一しようと思うのだが、運のない俺が行くと、黒の在庫が1枚しかないとか、90㎝の在庫がないとかの、試練にみまわれそうな気がする。 最悪、色の変更もありえる。

やれる事をやるだけ


 という事で、今回の記事は、これからの行動予定となった訳だが、どうなるのだろう? 成功確率予想は60%位だと思うが、あくまでも、多少成功の率が高いという二者択一にすぎない。

 それに近いうちに、床下収納も設置しなければならない、高さ15cmの枠をパイプか板で作って、その上に蓋と言う床を分割して乗せるのだ。

 これが出来れば、必須な物は全てこの中にしまい込んで置き、手軽に出歩けるようになる。 まだまだ先は長いのだ。
 そのためにも師匠に見限られる事の無いように、今回のおひとり様ミッションを成功させねばならないw

 そうなんだ、失敗したら、あざ笑うかのようなスタンプが送られてくるのだ (;一_一)

 微妙ではあるが、これから作成する予定の、網戸と換気扇の図をペイントを使い、描いて掲載したが、俺には絵心もない事を周知徹底しておく(‘◇’)ゞ