挑戦が始まる (。-_-。)(一人暮らし快適化計画)

        挑戦が始まる (。-_-。)(一人暮らし快適化計画)

型どりなんて、こんなものさ (;´Д`)


 全ての準備は整った? あとは型紙を作り、線を引き、カットするだけだ。

 窓のコーナー部分の型どりは難しそうなので、師匠が言っていた紙粘土を使う事にし、仕入れて来てある (/ω\)

 あと、100均でコンパスも仕入れてきたので円の線ひきも完璧だ、多分…。 カットまでは責任は持てないしねw

 とりあえず、一番ムズイと思われる、完成品の換気扇の基板を窓のサイズに合わせてカットしていかなければならないと思う。
 失敗しては、いけない案件だから集中力のあるうちに、やらなければならないと判断したからだ (;´Д`)

 まず、新聞の左角を起点に左側の側面を合わせ、上を合わせ、右側を同じように攻めていく事にした。

 長方形の型を先にとって、そして、粘土でコーナーの型どりをして、新聞紙の角に乗せて鉛筆で弧を描いた。

力ずくカヨ


 うん、字で書くのは簡単だが、意外に神経をすり減らす、それからハサミで切ってみたw

 まぁまぁ? 良いんでないか? 良い事にしよう、車に持って行って、実際に合わせてみる…、

 なんかピラピラして合わせにくいぞ?? 段ボールの型紙のほうがいいか?

 そんな訳で段ボールに、新聞の型紙を乗せて、線を引き、カッターとハサミで切る、車に持って行く。

 お~、合わせやすいぞw ん、左の側面を合わせると右の側面に隙間が!!

 もしかして少し斜めなのか??

 ヒェ~~、右の型紙の下の方が1.5㎜位狭いようだ (/ω\)

 1.5㎜と言えども、その隙間から漏れる明かりは、左右対称を好む俺には、非常に気にかかる存在だ。

 だが大丈夫、まだ型紙の段階であるw 慌てずにもう一回段ボールに型を乗せ、右下の方を、わずかに大きくする。

 これで大丈夫なはずである。

 車に持っていって合わせる。

 でっぱている部分があり、かすかに引っかかる、え~い、面倒だ、カッターと下敷きの板を持ってくる、合わせては削り、合わせては削る…、こんなものだろう?

新しい創造


右クリ開くで大きくなります
 俺にしては上出来だ、それと現場検証で気付いた事がある。

 前回ボード3枚を貼り合わせ、真ん中のを引っ込めれば、下から上がって来る窓ガラスを挟み込む感じで隙間がなくなるぞ、と書いた。

 しかし、現場検証の写真で理解できた事なのだが、真ん中のボードを、引っ込めた分、上に突出させると、6mm程の深さまで、窓ガラスの溝にはめられる事が分かったのだ。

 それに外側は内側より左右が3mm広くなっている、その分、一番外側のボードを大きくすれば、これも隙間減少に役立つ事をw

 それで、今、一番内側・真ん中・外側、それぞれの寸法を検討している所だ、上手くいけば上下の隙間は完全になくなり、左右も大幅に改善される予定だ。

 ただし、やって見なければ分からない、いや、その前にボードのカット作業の方が心配だ。
 だって俺は間違ってから、間違いに気付くんだからね (⋈◍>◡<◍)