物置開拓史-2-(一人暮らし快適化計画)

        物置開拓史-2-(一人暮らし快適化計画)

終盤戦


 キャンプ道具は、使えない物を処分し、一応どこに何があるのかを把握する事が出来た。 後は、釣り道具であるが、伏兵として工具が散らばっていたのも、案外手間取った。

 リールと錘は、ひとまとめにして、避難所を設けて退避させておいたが、針や仕掛けを作るグッツがあまりにも多く、ものすごく時間がかかりそうだったので、家の中の作業場へと搬入し、ゆっくりと仕分けしていく事にした。

 なので、物置の作業はこれで終わり? 思い出した、ルーフキャリア用のバーはあったが、ベースステーがなかったんだ
 (/ω\)

 慌てて、船の道具を置いてあるコーナーを覗いたが、見当たらない (;一_一) 既に物置はひっくり返してあるので、行方不明確定である。

 まあ、どうせ、前の前の前の車のだから、あっても、装着できないと思うんだが…合わなかったって納得したかったんだよね。

 気を取り直して、ルーフボックスを見てみる、ん、バーに固定するフックとねじがない (/ω\)
 一体どうなってるんだ? とクレームをつけても対応するのは俺だ、ん、鍵もねーじゃねーか!!

どうやって蓋を閉めるんだ? 


 落ち着け…まずホームセンターでU字フックとナットとワッシャーを買ってくる、OK。 蓋は2本の固定バンドで巻いちゃえばいいか? OK。 なんとなく解決した (/ω\)

 んじゃ、ステーを仕入れに行くか、函館では大手の車雑貨屋さんへ…取り寄せになりますが…、次w

 あ~、在庫ないですね…あ、本店の方に在庫あるそうです、良し!

 移動時間が1時間ほどかかったが無事ゲットw アマゾンの方が安かったか? まあ、地元の経済発展に寄与したんだ、振返らない事にする。

 でもね、ルーフボックスを付けっぱなしには出来ないんだよな、車庫の上にはボートを収納してるんで、ぶつかってしまうんだよね (;一_一)

 フィールドに行く時だけ、付けなきゃならない、簡単な蝶ねじの方が良いかな? 今夜考えようw

 そんな感じで車庫と物置はなんとなく片付いた気がする、生存物の把握も出来たし、これで良しとしよう。

全ては炭火焼肉の為



 あとYouTubeで見たんだけど、使い捨てのアルミ皿(大)を利用した軽量コンロがあった。

 アルミ棒が4本立っていて、網の穴を通すと固定されるんだよね、しかもその棒に沿って、網の上下運動が可能になっていて、鉄製の洗濯ばさみ? で高さ調整も出来るんだわw
 だから、自分のコンロの4隅にドリルで穴を開けて金属棒を立ててみるか等と考えている。

 まだ、焼肉に行ってもいないのに、すごいだろうw (/ω\)

洗濯班が洗った防寒着とロッドケース。 チャックに潤滑剤をスプレーして、動かなかったらお釈迦である。

ロッドケースは、無事に稼働したが、防寒着はまだシーズンオフなので試していない、行ったとしても、下は胴付だしな? どうするんだコレ?