俺達の夏(一人暮らし快適化計画)

        俺達の夏(一人暮らし快適化計画)

フィールド実験


 今夜は手作り換気扇と網戸の能力点検を兼ねた車中泊に来ている。


 現場へ着いた我々は、すぐに設置作業をおこなった、前の換気扇の記事で紹介したが、隙間を無くすために、装置下部の延長を継ぎ足しで行い、横については隙間テープを利用してみたのだ。

 まだ、不慣れな二人は試行錯誤しながら、窓にはめ込む作業を行い、5分ほどで何とか設置できた。
 今日は雨の予報だが、まだ雨は降っていないので車内に閉じこもってファンを回す、が、意外に暑さが緩和されない。

 煙草の煙は難なく外へと導かれているので、車内の暖気も一緒に出ているはずなのだが? 距離を走ってきたので車のエンジンの放出熱の影響もあるのか、汗がにじみ出てくる。

 だめだ! スライドドアを左右とも開ける、涼しい風が通り抜ける、やはり閉め切った状態では現在の車内温度を下げるにはファン2枚では、足りないらしい。

しばらくドアを開けたままにして温度が下がるのを待つ、この間に宴会の準備である。 雨がまだ降ってこないので、焼肉の未練が再燃する。

実験再開


 陽が落ちかけ、車内温度が幾分下がったので、実験を再開する、ファンはlow・middle・highの内、middleを選択、網戸の傍に居る俺は外から流れて来る、風を感じ、なんとなく涼しい。


 汗を拭きながら耐えた最初の閉じこもりとの違いを感じる、これで車内の温度をある程度下げてからでないと、ダメだと確認が出来た訳だ。

 一方、暑さに異常な耐性を保有している師匠は、俺からタオルを奪い取り、汗を拭いている?
 暑いのかと聞くと大丈夫だという、多分、寝不足のせいでテンションが高いのが原因ではないかとの推論に至るが、真実は分からない。

 まあ、暫くするとブランケットを足にまとわりつかせたので、暑さ耐性は健在のようだ。

 暫くすると、少し強い雨が降り始めた、焼肉をしないで良かったなと心を和ませ、小ぶりになった頃、突然バリン!! という音が車内に響く (/ω\)キャ~

 師匠側に設置した換気扇の追加部分が外れ、今にも外へ落ちそうである、何とかセーフ。 やはり強度が足りず、パワーウインドウの圧力に耐えられなかったのか?

 師匠が呟く、後ろによしかかった時、後頭部で押したかもしれないと? いずれにせよセパレーツは失敗であった、継ぎ足し部分をはぎ取り、少し隙間は空くが、本体のみへ変更する。

 隙間テープが余ってたので窓の丸み部分へ突っ込む、これでいい。

強度があれば使えるw


 師匠と協議した結果、継ぎ足し部分を破棄、本体の内側部分を外し、真ん中の板を2㎝ほど切り取り、本体の窓受け部分の溝を深くする事にした。

 もちろん、ここでの作業は不可能なので自宅へ帰ってからの作業となる。 この関連記事を読んでいた方々は覚えているだろう、そう、俺が気力がないと言ってやらなかった作戦である (/ω\)

 これにより、本体だけの構造となるので強度が増し、なおかつ窓の丸み部分の隙間も解消できるのだw
 面倒くさがらず、やっていれば良かったのに、等と後悔しない所が俺の良い所だ (´-`*)

 それから、翌日帰る迄連続でファンを回したが、バッテリーの消耗は1/2であった、USBライトと併用しても1泊には十分耐えられる事が分かった。

 あ~、夜はlowにして寝たが、結構涼しい風が入ってきて、寝苦しい事は無かった事を付け加えておこう。

 まあ、気温も下がってたんだけどねw