新・車中泊を快適に過ごせw(一人暮らし快適化計画)

        新・車中泊を快適に過ごせw(一人暮らし快適化計画)

素人が作る軽四床下収納



 さて、昨日はすべての材料を切り出したので、今日は組み立て作業となる、心機一転がんばろうではないかw

 電気ドリルを二つ持って、ネジを調達しに工具箱を漁る…、短いネジが少なく、数を揃えるのに手間取ってしまった。
 こういう仕事は段取り八分に仕上げ二分、と言われるのに段取りが悪すぎて、名人クラスから見れば、お話しにならないケースとなっている。

 ちなみにドリルは下穴開け用と締め用を用意しているので、アイコと言ったところか? 素人らしくて初々しいかも知れない。

 作業を進める途中、木材の切り口にサンダーをかけて、滑らかな面にしなければならない事を思い出したが、塗装前に纏めてやろうと、見なかった事にしたw

設計図はないw


 それと素人なんで、小さな作業台が1台しかないので、しゃがんだ体制が多くなり、腰が怠くなってくるのはお約束だ。

 だが、昨日に引き続いての作業なので、頑張れる気がするし、休憩が多すぎるので大丈夫だと思う。

 なんだかんだと誤魔化しながら終わったので、出来上がった作品を改めて見てみると、予想を上回る作品となっていた
(*ノωノ)オレキジュン
 見た感じ俺が乗ると、ひしゃげそうだが、この後作るコンパネ蓋が俺の体重を巧く分散してくれるだろうし、コンパネの裏にも横板を噛ませるので、更に頑丈になるはず..である。

 後は、こいつらに水平という概念を与え、自立させるだけとなるのだが、コンパネに被せるクッション材と生地がまだ見つかっていないのだ。

 俺としては水(お酒)に強い生地が望みなのだが、函館のホームセンターには、お買い得品のメーター売りは、今のところ存在しないのだ。

技術もない


 クッション材だってネットで選ぶような訳にはいかない悲しさがあるw

 最悪の場合、厚めのアルミマットをクッション材にして、テーブルクロスとかシャワーカーテンとかで包んでしまおうとは思ってるんだが…いや、もう少し探そう。

 という事で、明日、コンパネとその他の材料を仕入れて来る訳だが、これで失敗するとアウトになるので慎重に進めようと、今、お酒を飲んで心身共にリフレッシュしている。
 それと、アレだw どうやって水平にするかだが、最初、木材を切って各パーツの角に設置しようかと思ったが、車の荷台は場所によって微妙に高さが違ってくるとの情報をどっかで見た記憶が蘇る。

 前方のパーツ2つは木で良いとして、後方のパーツはアジャスター機能のある物で、前方パーツの高さに合わせ、微調整できるようにした方が良いだろうと考えている。

 だって、カンナ持ってないし、持ってても削れないし、ミリ単位なんて絶対無理だからw