ルーターいらず!! モバイルホットスポットでOK(一人暮らし快適化計画)

        ルーターいらず!! モバイルホットスポットでOK(一人暮らし快適化計画)

どんなときもWiFiの弱点を克服


右クリック画像開で大
 以前、どんなときもWiFiは5台以上繋げないので、ルーターに接続しようと藻掻いた記事を書いたが、押してもダメなら引いてみな? と方法を模索していたが、ついに解決の糸口が見つかったのだw

 なんでもWindows8.1から導入されてたみたいだが、PC自体をWiFiスポットにする機能がアップデートされたらしいとの記事を見つけ、さっそく飛びついたのだ。

 簡単にいうと、PCはどんなときもWiFiから電波の供給を受けているのだが、家にいる時は、PCからその電波をおすそ分け供給(共有)できるという事だ。

 これが可能ならば、どんなときもWiFiへの接続はPC1台だけで済む事になる (´-`*) (他のポケットWiFiでもOKです。 win8.1以降)
 なので、早速やってみたぞ(*ノωノ)

 条件としては、PCに無線機能がある事と、モバイルホットスポットが有効になっている事だそうだ。

俺にもできるかな?


 まずは、そんな機能あったかな? であるのでデバイスマネージャーを開いて確認する。

 スタートメニュー、右クリック、デバイスマネージャー、と進み、表示タブから非表示をポチッ、ネットワークアダプターをポチッ、Microsoft Wi-Fi Direct Virtual Adapterなる物があれば、右クリで有効かそうでないかを確認する。(俺みたいな慎重派は、一度無効にして有効にするという事でもOK)

 これが表示されない場合は、Lan Adapter(俺の場合はBUFFLO WLI-UC-GN)のドライバーを再インストールすると現れるらしい。

 幸い俺のPCにはその機能があったw ただ、知らなかっただけである
  (*ノωノ)

 まあ、同じように知らない人も居るだろうから、恥ずかしくはない
(-。-)y-゜゜゜
 さて、機能が確認出来たら、接続だが意外と簡単である、あっ、Windows8.1の場合はモバイルホットスポットではなくインターネットの共有という名称らしいぞ。

 通常はスタートメニュー右クリから、[設定] → [ネットワークとインターネット] → [モバイル ホットスポット]と行くらしいが、俺はタスクバーのインターネットアクセスから入った。

お家にWi-Fiスポット出現


 下の方にWi-Fi・機内モード・自分のPC名が表示されているはずだ、そのちょっと上のネットワークとインターネットの設定をポチ、左側にモバイルホットスポットという項目があるのでポチッ。

 設定画面が出る、ネットワーク名とネットワークパスワードは編集できるので、好きにすると良い。
 スマホを開きWi-Fi設定を開くとあら不思議? PC名のWiFiスポットがあるじゃないですか
 (*^-^*)

 早速設定した、ネットワークパスワードを打ち込むと…無事繋がりましたw

 すぐに、スピードテストをしたところ、電波供給先が、どんなときもWiFiなので、同じくらいのスピードが出てましたw

 なんと自分の家にWi-Fiスポットが出来ちゃったんですね~、すごいですね~。

 そんな訳で、ルーターに繋げられなくても、接続台数を気にする事がなくなった訳ですね (´-`*)

 もしかしてルーターなんて、これから買わなくても良いんじゃない?? そう思うおやじでしたw

 実際は8台までしか繋げないみたい? それと電波の安定・新規格等が絡んで来るので、最新を望む方は、ルーターは必須でしょうw