悪夢と闘う (*´Д`)(おやじの恋快適化計画)

        悪夢と闘う (*´Д`)(おやじの恋快適化計画)

技を学べ


 師匠は昼寝?夕寝? を始めてから、俺は、ちびちびと酒を飲みながら、ポケモンのボールの投げ方をYouTubeから仕入れていた。

 前にも見たのだが、余り覚えておらず、最近レイド戦のゲットチャンスで、ポケモンに逃げられるケースが多発していたからである。

 まあ、逃げられてしまう事は、しょうがないのだが、固定サークルでexcellentを狙う事が、出来ていないのも、一つの要因である事には間違いないのだw
 経験値が入るので、今のところそれでも十分なのだが、どうせならゲットしたいのが、人として当たり前の考え方だろう (/ω\)

 最初から、きちんと学んで練習していれば、もう出来るようになっていたかもしれない、と思うと、早く覚えてしまおうと、決心した訳だw

 その前に、コントロールも悪いんだけど、これについては場数を踏むしかないと思う (*´Д`)

覚醒


 もぞもぞと、師匠が起き始めたので、そろそろ寝るかなと、時計を見るw

 夜更かしが続き、昼頃まで寝ていたので、明日は少し早く起きようと、布団に潜り込み寝る準備を始める。

 いつでも寝る事の出来る師匠と、暫く話をしていたが、心地よい眠気が訪れ、いつの間にか寝ていた…。
 ふと、気付くと師匠がYouTubeを見ながら起きていたので声をかける、夕寝が効いたのか、なぜか眠たくないと言っているのが、聞えるが、また眠りに落ちる。

 なんか、聞いた事のある、音楽が耳元で聞えてくる…、まさかなと思うが、眠いので、そのまま寝ていると、曲を、とっかえひっかえ、俺の耳元に携帯を近づけて、よく聞こえるように、しているのでは? と思われる、気がするw

 ここで、起きてしまったら明日、早めに起きれない事が、決定事項になってしまうので、脳内で、外からの音をシャットダウンしているように思い込み、寝続ける (/ω\)

 きっと夢に違いない…、いつでも寝る事の出来る師匠が起きているはずはない…、まさか自分が寝られないからいって、俺を起こそうなんて、する筈がないからな (; ・`д・´)

忘却


 いや、以前…、いや、やめておこう、このまま寝てしまおう、考えたら脳が活性化して目が覚めてしまうではないか。

 30分とか1時間とか間隔で悪夢にうなされている様だったが、何とかいつもより早く起きることが出来たw

 ちなみに師匠は、寝られずにずっと起きていたようである、珍しい事もあるものである。
 放っておいたら、何度寝もするのに、今回は夜中に覚醒してしまい、俺が目覚めるまで起きていたようだ。

 まあ、その日も仕事が休みなので問題はないのだが、遅い朝食後に、ポケモンを2時間ほどやって帰って来ると、また夕寝をすると言って寝てしまったw

 暫く仕事が続き、体調もすぐれなかったのであろう? 明日から、また仕事なので、少しでも休めれば良いと思い、自宅へ帰る時間までそっと寝かせておくことにするw

 そうだな、俺は明日、歯医者へ予約の電話を入れよう、予約してしまえば、行かねばならぬからなぁ、明日から暫くは、一人だし、丁度良いだろうw