定年70才だって(*´Д`)(おやじの恋快適化計画)

        定年70才だって(*´Д`)(おやじの恋快適化計画)

もう辞めてしまったしw


 努力目標とは言え、定年70才だってさ(*´Д`) なんか60才で仕事を辞めてしまった俺の肩身が狭くなる感じだ。

 ゆったりとした気持ちで、のんびり暮らす事は許さないぞ、もっと税金払えば年金額も増えるんだよ?

 ん、年とってから、お金をたくさん貰ったって、どうやって使うんだよ、それに、そんなに長生きする自信もないし…。
 少しでも若いうちに、自分が楽しんで過ごせるような世の中を望んでいるのだが、そんな思いを抱いているのは俺だけなのか?

 TVの街頭インタビューでは、現役で働き続けたいとの声もあったが、どれほどの割りあいで存在するのだろう?

 居心地がよく、働きやすい環境なんだろうなと思う(*´ω`*)

 いや、俺が働いてたところが、ひどい職場だったという事ではないぞw 現場に居ると、いろいろとストレスが溜まるんだよなぁ(*´Д`)

年金は70からってか?


 まあ、世の中はこれから、そのような感じへ流れて行くのだろうけど、すでに年金をもらう事を自分で確定してる俺は、限られた予算範囲で暮らしていくしかないw

 娯楽は、車中泊行って、ご飯を食べて、お酒を頂けたら、文句はないと言ったところかね。

 そう言えば、前回、函館市の保険料は高いと言ったが、どうやら全国で3番目に高いらしい? 年収200万の単身者の比較をした場合だそうだが、同じようなもんだろう。
 ちなみに一番お安い県は、静岡県とあったが、何年か前に自治体から県単位へ管理が移ったようなのだ。

 どうせなら、統一して全国一律にしてくれた方が、高順位の函館市の保険料は確実にお安くなるのにと思うのだが、反対するところの方が多いから、きっとならないんだろうな(/ω\)

 そんな事しか考えられない俺と言う奴は、きっと自分の事だけなのだろうか? AB型だからなのか、誤解されやすいが、低所得者になって分かった事を書くようにしているつもりだ。

 だが、まだ知らない事が沢山あるに違いない、そう、俺はまだ、恵まれた生活が出来ているのだから。

今日から暖かくなるらしい


 かなり前、居酒屋を副業でやっていた頃、通称ジョニー君と言う方が、お店に来てくれた。

 詳しくは聞いていないが、日雇いみたいな仕事をしていて、あぶれた日とかは昼間から酒を飲んで、現金がなくなると店にやって来るという、厄介な客だった。

 現金払いで、ツケはしないと張り紙しているのだが、必ず後で払うから(⌒∇⌒) と言うのである。
 そういう時は、彼の自宅へ電話する事になるのだが、なんか悪徳借金取りになったのかと錯覚する事になる。

 奥さんが数千円を握りしめ、謝りながらやって来る事になるのだから(*´Д`)

 きっと辛いのだろう、酒に逃げていたのだろう。

 俺も酒を飲むんだよな~、果たして俺は何から逃げているのだろうか?

 もし、また居酒屋でもやって、年をとったジョニー君みたいな客が来たら、一杯だけだよと言って、奢ってやるかもしれないなw

 いや、奢ってもらうのかもしれない(*´Д`)