レターパックの秘密(;´Д`)(おやじの恋快適化計画)

        レターパックの秘密(;´Д`)(おやじの恋快適化計画)

何事も経験w


 いつもはネット通販なので、自ら梱包して荷物などを送る事はないのだが、今回、直接ブツが手に入ったので送る算段を模索していたところ、師匠からレターパックがお得である事を聞いていたので、コンビニでレターパックなるものを仕入れるw

 A4サイズの入れ物なので、それに入る物であれば、現金と割れ物、生物以外はOKらしい(`・ω・´)ゞ

 入れる物は4つあるが一つに入れるには無理があるので、2つに分けて入れる事にする。
 難なく梱包できたので、これでいいのかと言えばそうでもない(*´Д`)

 厚さが3cm以内でなければならないらしいのだが、見たところギリギリオーバーしてるような気もする。

 なんでかと言うと、赤いポストの入り口から入って、ポストの中に落ちていかなければ配達してもらえないからだ(/ω\)

 師匠に言わせると多少厚くなっても、あ~して、こ~して、気合を入れるとポトンとポストの中へ吸い込まれると言うので、それを信じる(/ω\)

 宛先を書き、どうにかなるかと郵便局のポストへ向かう…、手こずって他の人に迷惑をかけたら困るので? 当たりに人の気配がないことを確認する(;´Д`)

挑戦してみるw


 入れる事が出来なかった場合には、持ち帰り選手交代をする事になっているので、あくまで今回は俺の経験値を取得するためであるw

 近くにポストを利用するような人影がないのを確認して、ポストへと向かい、さっそくチャレンジしてみるw
 最初は巧くいってすんなり入っていったが、案の定、真ん中あたりで引っかかる(/ω\)

 たしか、ポストに付いているふたをグイッと持ち上げて、入れるとの講習を受けていたので、ぷらん、ぷらんと揺れるふたを片手で持ち上げるとわずかだが中へと吸い込まれていくw

 お~、出来たか? と思ったがすぐにその動きは止まる…、ウッ、どうする?

 確か、その奥に2枚目の蓋があるので、それも手で何とかと、言っていたが、俺の手が入らない(*´Д`)

 それどころか、レターパック自体が戻ってきそうにないくらい動かないぞ(;一_一)

 3cmを僅かに過ぎただけなのにこのシビアさは何なのだ? だれか来たらものすごく恥ずかしいぞ(/ω\)

 とりあえず、この手の中に戻さなければならない、無理やり力を込めて引き寄せるとギシギシと、きしみながら戻ってきた。

知識だけではできない事もあるw


 フ~、良かったw ちぎれでもしたら、どうなっていたのであろう?

 その後、もう一個の方も試してみたが、やはり真ん中あたりで入らなくなってしまうので、早々と引き上げる事にした
(`・ω・´)ゞ
 翌日、師匠を伴って再チャレンジw もちろん俺は見習いなので、側で、じっと作業を見つめる事になる。

 最初こそ、同じように真ん中程で止まっていたレターパックだったが、魔法の左手によってポストの蓋が無くなったように荷物が吸い込まれていく( ゚д゚)ハッ!

 次に奥の蓋に手が届いたのか、ボトッ、きれいに吸い込まれていった、ウム、これが奥義と言うものなのか?

 俺の手ではきっと無理である(´;ω;`) 無骨な手ではきっと2番目の奥の蓋には届かないと思うのだ。

 何故、レターパックにこだわるのかと言えば、家庭のポストに直接入れるので、宅配に見られるような、受け渡しの儀式がないからである。

 つまり、留守でも配達可なので、配達先の方が、じっ~と荷物の到着を待っている必要がなく、印鑑も必要ないのである。

 というように便利な仕様なのだが、もう少し余裕のあるポストにして欲しいものである?

 あ~、届け先のポストに入らないとアウトなのか(;´Д`)

 今回の荷物だが、無事に宛先のポストに入って欲しいものである…、いや、入れw