真夜中の段ボール崩しw(おやじの恋快適化計画)

        真夜中の段ボール崩しw(おやじの恋快適化計画)

断捨離は考えるより動け


 なんとなく徐々にやる気が出てきた俺は、おもむろに一つ目の箱に手をつけた。 これで、もう後戻りなんて出来なくなってしまう訳だ(;´Д`)

 この一つ目の処理が大切である、あ~これ使えるかもな? なんて思ったらお終いであるw

 何のために、使わない物の再チェックを行ったのか分からなくなってくると言うものだ。

 考えてみろ…、もう2年以上も使わずに、しまってあるだけなんだぞ、いつか処分しなければならないのだ。

 高齢者になったら大変な作業だぞ、今が最後のチャンスなのかもしれないぞ…。
 もう一人の俺が、今日は絶好調そうだな、分かってるぜw ちゃんと見極めてやるさ
(`・ω・´)ゞ

もう俺には必要ない( ̄ー ̄)


 ようやく一つ目の箱の蓋が開いた(/ω\) う~ん新聞紙に包んであるという事は、割れ物系だな…、案の定ガラスのコップがこれでもかと出てきたw

 これはアレだな? リサイクルショップへ持って行ったところで微妙な笑顔が出てくるやつだな? 燃やせないゴミに振り分ける事に決定w
 さすがである、最初が肝心だと言い聞かせて正解だった、この調子で作業が進む事を望む
(*´ω`*)

 という事で、燃やせないゴミの日が、丁度翌日だった事もあって、何か捨てる物はないのか? と探すほど順調に処理が行われていった。

 もちろん、キッチン用品はプラスチック製も多いので、翌々日の燃やせるゴミの日も視野に入っている訳で、順調に専用袋へと振り分けが行われた。

 分けた後に思ったが、割れ物が集まると実に重いものだ(;´Д`) なんと燃やせないゴミ袋30㍑が3袋と、燃やせるゴミ袋40㍑1袋が出来ていた。

 段ボール箱で8つほどか? 屋根裏部屋へ運ぶ荷物が減ったわけだ(*^-^*)v

 残りの箱には、おもちゃや本、服などが入っており、これについては暫くの間保管するため、屋根裏部屋行きが決定したw

次へ進もうw


 部屋に残った荷物状況を見ると、タンスなどを隅っこに押し付ければ中央が大きく空いて、これまでより見た目が良さそうである…、と思う。

 まあ、お客様など来る予定もないのだから、見た目はどうでも良いんだけど、自分が納得できるかが問題である。
 この段ボールが無くなった部屋は、備蓄品や年に何度か使うものを中心に置いておくつもりであるが、どうなるかは分からないw

 気の変わりやすい俺なので、またいつか段ボールが戻って来るかもしれないし、確定はしないでおいた方が無難である(;´∀`)

 明日は、アッチコッチに散らばっている物を、カテゴリー分けして収容すれば、少しはすっきりするであろうw

 それより、この件はさっさと済ませて、早く車の事を手掛けたいのだw 釣りの準備もしなければならないしね。

 北海道では道央での感染者が減らないようである、道南は人数こそ少ないのだが安心してはいけない!!

 早めに落ち着いてもらわなければ、レジャーへは行きずらいからね、もう少しの間、俺なりの自粛をするかw