現場100回?(`・ω・´)ゞ(おやじの恋快適化計画)

        現場100回?(`・ω・´)ゞ(おやじの恋快適化計画)

自分を見失うな


マイブーム陰干しw
 男は考えた、どうしても収まらないのだ。 このままでは、手直しが必要になってしまう…、面倒くさいなと(/ω\)

 リールのスプールを陰干しし、リール本体も奇麗にした後の事だった。

 俺の車のベッド(床下収納在り)の構造は枠組みを土台にして、蓋を被せるようにコンパネでフラット化している。

 だが、今のままでサブバッテリーをテーブル下へ設置した場合、その蓋が開けられなくなってしまうのだ(*´Д`)
 つまり、便利な筈の収納空間が、無駄な空間へと生まれ変わってしまうのである。

 まあ、バッテリーを移動すれば開けられるんだが、いちいち重たい物を移動して迄、利用する価値は、貴重品入れとしての役割しかないだろう(/ω\)

 あいにく、貴重品を多く持っていない俺にとっては必要ないのである。

事実を受け入れろ


 さて、この問題を解決するためには、いくつかの方法がある。 置き場所を再設定してみるのも一手だが、あいにく、この場所がどうしても気になる俺には考えられない。

 なので、蓋が容易に開け閉めできるように改装する道しか思い浮かばないのである(;一_一)

 だが、面倒くさい…、実に困ったおやじであるw  こんな時は冷静に現場を見つめ直してみる必要がある。
 AB型の俺には、没になる事が多いが、豊かな妄想力があるのだ(/ω\)

 あ~だこ~だと机上で思考するより、現場を眺めながら、ぼーっとしてた方が良いのだ。

 という事で、ポケモンと散歩を兼ねて、いつもの公園へ行く途中、函館海洋気象台のジムで★5レイドがポップしてたw

 時間を確認すると後5分あるので十分に間に合うぞ、と車を進めた。 今日は休日なので駐車場はガラガラであるが、1台ポケらしい車が止まっていた(*´ω`*)

 今はポケモンレイドもリモートの時代なので、現場に数人いれば野良チームが完成する事が多い。

何とかなるさ


 なんせソロだからね~、こういう時は赤組じゃなくても大歓迎である(/ω\)

 時間になって卵が割れると、そこらへんに人が居なくても参加者は8名である、これで勝ちは決定だねw
 そんな感じで散歩を終え、現場検証を始める、後で参考にするために現場の写真も資料として撮っておく事に(`・ω・´)ゞ

 まあ、これで分かった事は、後部の小物入れの凹部分を利用しても、隙間が15㎝しかないので、約17㎝のバッテリーは収まらないという事だ(*´Д`)

 つまりギリギリでも3cm、収納部分をカットしなければならないと言う事になる(*´Д`)

 これは斜めから見ても15cmなので、どうしようもない事実となり、俺を苦しめるのだ
(;一_一)

 何かいい手はないのか? 落ち着いて、ゆっくりと写真を見てみるか、ん!! 小物入れに入ってる物はどうすれば良いんだ??

 新たな問題が発生しただけであったw