車のオール電化??(おやじの恋快適化計画)

        車のオール電化??(おやじの恋快適化計画)

最初に訂正とお詫び(*´Д`)


 少し前、函館のホムセンにはない物と思っていた大きい裸圧着端子だが、今日12V電源のスイッチを仕入れに行ったら置いてありました(*´ω`*)

 田舎のホムセンだなんて記述して申し訳ありませんでした、でも太っい電線は見当たりませんでしたけどね <(_ _)>

 そうなんです、12Vの電源を取り出し、USB関連の充電を行うためシガーソケットのメスを仕入れて来たんですが、バッテリーとつないでみたところ、接続確認のブルー色が点灯するんだよね(/ω\)

 車中泊の時はつきっぱなしで問題ないんだけど、普段は僅かと言っても電気の無駄遣いとなるw
 という事で、簡単なスイッチを仕入れに行ったら、端子が結構棚に並んでた訳ですよ
(/ω\)イヤ~

 そんな事も有りましたが、バッテリチェックモニターの配線だとか、ヒューズを噛ました12V電源搾取配線だとかで目が疲れています(*ノωノ)

決められないおやじ(*´Д`)


 大体の配置を決めているのだが、チェックモニターの置き場所が決まらなかったので、確定は明日へ持越しであるw

 後はバッテリー端子へL型ステーを追加し接続できる物を増やせる事が出来切るようになったが、端子がむき出しだと感電の恐れがあるのだ(`・ω・´)ゞ

 感電と言っても12Vなので、家で使ってる100Vに比べたら、ペースメーカーとか入れてない人には害が無いと思う。

 だが、バッテリーがヤバいのだw
 もしもだ、+と-に金属製の物が触れてショートしたら、時間にもよるがバッテリーはお釈迦になるだろう(*´Д`)

 だから車のバッテリーにも絶縁体のカバーが付いているのだ(`・ω・´)ゞ

 うん、端子カバーを作ろうw そう思って100均からカラーボードを仕入れてきたのだが、いつも通りに形が決まらないと言う訳だ。

 これさえ決まれば、いや、チェックもモニター位置もだが、実際に走行充電できるか? の試運転が出来る訳だ(*´ω`*)

あと、もう少しだ(`・ω・´)ゞ


 あ~、インバーターの使用テストも未だだった(/ω\) これについては、未だIHが届いていないので確認は出来ないが、充電さえできれば、何とかなる方法を探せば良いだけだw

 バッテリーの横揺れも緩衝材を入れて、ベッドの架台の隙間を埋める事で解消したし、今日の試運転(ポケモン紀行)では問題なかった(*´ω`*)

 全てオールクリアになったら、車内でお湯を沸かし、暖かいカップラーメンも食べられるし、コーヒーだって入れたてで頂けるw
 もうすぐ夏だけど(/ω\) まだ北海道の夜は涼しいんだぜw

 今回の走行充電は、アイソレーターと言う専門の機器を使用していない事が重要な点である。

 昇圧機能付きのアイソレーターより、AC充電器の方が価格が低く、電気関連の知識が俺並みでも出来るという点だw

 知識と言ってもYouTube only だが(/ω\) メインバッテリとサブバッテリーを直結しなくても良いと言うのが、良いところだね…、うまくいったらの話だけどね~ (´-`*)
 車中泊関連記事はこちらです (`・ω・´)ゞ