金縛りよもう一度w(おやじの恋快適化計画)

        金縛りよもう一度w(おやじの恋快適化計画)

金縛りと対決??


 以前にも書いた金縛り現象だが、最近ご無沙汰である。 と言っても大好きだと言う訳ではないので、俺的には良い事なのだがw

 年に1~2回程訪れていたサプライズイベントなので、物足りないと言う事なのだろうか。

 体が動かせないで、声も出せない特異現象だが、ストレスが一因であるとも言われる。 一説によると睡眠中に脳の一部だけが覚醒し、意識だけが一人歩きするらしいとの事である。

 なるほど、脳の体を動かす部分が睡眠中なので、動く事が出来ないのは理解できるが、得体の知れない物音や、傍に誰かいるような気持ちになるのは何故なのかが分からない(/ω\)
 体を動かせない恐怖感からくる幻聴なのだろうか?

 まあ何回も経験すると、あ~また金縛りかと理解しているが、何とか動かせないものかと、ついつい意地になって努力しているのに、何かが傍に居り「無駄じゃ無駄じゃ」と言われている感じがするのである。

気が小さい(*ノωノ)


 なので一度目を開けてみてやろうと思ったが、ほんとに何か居たらどうしようと考えると、なかなか実行できない俺は、ビビりだったんだと気づく羽目になる(*´Д`)

 つまり体が寝ていて、脳が起きているという状況なのだと納得しているとはいえ、昔からの言い伝えである金縛りに、何かしらの心霊的な力を感じているのである。

 さて、そんなチキンな俺は、部屋の中で物音がするたびにビクッとしながら、気づかない振りをする(*´Д`)

 部屋から物音がするのは温度変化による物質の軋み等か、ポルターガイストの二つに一つである(/ω\)
 物質の軋みならまだいい…、ポルターガイストだったらどうする? と言ったってこの家にはもう30年以上も住んでいるのだから、いまさら悪霊が居ました~、なんて事は考えにくい。

 いや、もしかして、あの有名な座敷童さんが遊びに来ているのかもしれないと思う事にしよう
(*´ω`*)

今日も涼しい函館市w


 そう思って宝くじを買っても当たらなかったので、貧乏神様かもしれないと考えたが、昔ばなしでも、物音を出すような悪さはしなかったと記憶している。

 やっぱり温度変化による音である方が濃厚であるw

 今年の函館の夏は、あまり暑くなく過ごしやすいが、夕方以降に窓を全開にしていると、通り過ぎる風を冷たく感じる事がある。

 音の原因は、この温度差が大きい事なのかもしれないw

 北海道の夏はお盆を過ぎたあたりで、一気に秋へと向かっていく、あと3週間ほどで今年の夏も終わってしまうのだ。
 そうである、心霊現象が起こるにふさわしい夏が終わろうとしているのに、今年も金縛りというイベントが発生しないのだ(; ・`д・´)

 今度こそ目を開けてやろうと思っているのだが、体が寝ていて脳が起きているという認識を持った途端、起こる確率が激減するのが金縛りの特徴らしい。

 まあ、最近はストレスもないので、もう出会えないかもしれないが、時が経って忘れた頃に起こった方が、サプライズになるかねw

 健康と食事関連記事はこちらです (`・ω・´)ゞ