サブバッテリー稼働準備 (/ω\)(おやじの恋快適化計画)

        サブバッテリー稼働準備 (/ω\)(おやじの恋快適化計画)

焦らず、ゆっくりいけばいい(*´ω`*)


 WiMAXのクレードル忘れ事件再犯が勃発し、少しサポート担当者と電話でやり取りしたところ、彼はクレードルはネットで仕入れた方が確実で早いとおっしゃられたので、そうする事にした(*´Д`)

 良いのかそれで? と思ったが、俺は確実な方を選択しUQアクセサリーショップの会員となった(`・ω・´)ゞ

 きっと彼も忙しかったのであろうw

 前置きはこの辺で終了し、本題に入ろう(*´Д`)

 昨日、毛布を敷き詰めた荷台の雑音具合は大幅に改善されたw 反響音が鳴りを潜め、普通の軽自動車並みになったと感じられる(*´ω`*)
 これで、ベッド兼収納土台が一応の完成をみたのであったw 次の予定は助手席前にあるヒューズボックスからプラス電源を取り出して、後部のバッテリー近くまで電線を這わせる事だが、その前にバッテリーの周りに小さめの棚を作り充電器などを置くスペースを確保しなければならない。

そして、そこへシガーソケットを取り付ける計画となっている。

現場100回w


 そんな俺は、今日も早起きしたので、早めの散歩を兼ねたポケ活と雑音低下試乗会を済ませ、車庫に着くなり、サブバッテリー周りの撮影と採寸を行い、現在デジタル画像と睨めっこしながら、どのような棚が良いのかと思案中である
(`・ω・´)ゞ

 材料は昨日分解した、旧ベッド兼収納土台をばらした木材である。

 多少、ネジの穴が開いているが味わい深いニスを塗れば問題ないだろうw
 そう言えば、今回の車の方が荷室幅が広い事が確認された (*´Д`)

 という訳で、前に使っていたテーブルの板が10㎝程だったが、届かなかったのである。

 出来れば、そのまま使いたかったのであるが、どうしよう等と今、悩んでいる事もあり今回作る棚を利用できれば届くんじゃネ? と言う野望も加味して考えなければならないのだ(; ・`д・´)

 まあ、どうなるか分からないが、一応そういう進め方しようw

 基本方針としては、1000wインバータの接続線が50cmと短くて太いので、これが綺麗に伸びた状態で収まる事が第一にあげられるw

 後は、どうでも良いのだが、緊急時の為に仕入れた電流カットスイッチの操作がしやすい事も忘れてはいけない。

イメージを固める(*ノωノ)


 これを基にイメージ画像に線を引いてみたが、ここで思い出したw 後ろの嵌め殺しの窓の大きさも変わっていたのだ
(*´Д`) この目隠しも作り直さなければならない。

 話がズレたが、線を引いてみると、俺の発想が乏しいのか、こんな形しか出てこなかった(*´Д`)
 しかも、バッテリーの奥行は17㎝なのにインバーターは21㎝あるし、コンセントの穴を内側にすると、5㎝も出っ張るじゃんか(/ω\)

 かと言って横向きにすると、接続線がねじれるので、なんとなく嫌だし…。

 ちなみに、赤い線はインバーターのつもりです(*´Д`)

 まあ、こういうのは現場で仮置きしながら、あ~でもない、こ~でもない(; ・`д・´)等と、考えながらやるのも楽しみの一つとなるのであるw

 ん?? インバーターを縦にするっていうのも有りか? コンセント穴が上向きになるので案外使いやすいかもしれないしねw

 それと、ユーティリティーナットのとこまで棚の高さを上げると、テーブルの板も使えそうな気がする
(*´ω`*)

 取り合えず、明日から、現場入りだなw

 車中泊関連記事はこちらです (`・ω・´)ゞ