なんでも換気は大事だw(おやじの恋快適化計画)

        なんでも換気は大事だw(おやじの恋快適化計画)

人にやさしい環境を(/ω\)


PCの時、右クリ画像開くで大
 車の中は一定量の空気が存在するが、環境に悪いものは外へ排出する事が大事であるw

 そんな思いもあって? 今日も頑張って換気扇の制作に取り掛かる。

 昨日は最終的に穴あけ迄完了したので、今日は組み立てと接着がお題となってくる(`・ω・´)ゞ

 外へ空気を送り出すので、ファンからは虫の侵入はない可能性が高いが、ファンが常時回っているとは限らないので、一応網をかぶせるw

 YouTubeでは磁石を利用して、ファンをひっくり返し、吸気もできるようにしている方もいるが、雨対策をしなくてはいけなくなるので、俺の場合は排気で固定だ(/ω\)

 ファンには金網? が付属しているので、こいつのネジを使ってプラダンに固定する事になる。

 だが、俺はこれに手こずる(;一_一) 金網のネジ止め個所に沿って下穴を開けたのだが、ネジを締めると、ファンが斜めになってしまうのだ。

 どうやら、少しばかり下穴の位置がずれているらしいのだが、なかなかファンが水平に止められない(/ω\)
 おかげで下穴の数が増えてしまったが、プラダンは黒いカラーボードで隠れる。 つまり、完成したら人の目には届かないので許せる失敗である(*ノωノ)

俺は俺に妥協する(*´Д`)


 数十分格闘し、ようやく、なんとなく水平に見える位置で固定できた。 まあ、俺だから、こんなもんだろうw

 そして次は接着だが、前はボンドをガッツシ塗ってくっつけたが、空気に触れないため乾燥にすごく時間がかかってしまうのだ。

 別に急いでいる訳ではないが、実際に窓枠に嵌めてみて、入らなかったりしたらアレなんで、とりあえず両面テープで止めてみて、検証してみる事にしたw

 そのまま使えそうなら、そのままでも良いし、接着が弱くなったらボンドで止めれば良いや的な感覚である(*ノωノ)
 待てよ、ボルト止めすると、走行中も行けるかな? 

 そう思いながら、小雨の中を車庫へと向かうw 手動の手回し窓開け装置を作動させ窓ガラスを下ろす。

 前のワゴンもだったが、このバンもスライドドアの窓は半分位迄しか開かない。

 安全の為なのだろうが、中途半端感があるんだよな~。

 換気扇の幅がわずかに長かったようで、ほんの少し曲げて窓枠の中に侵入させる事に成功する。

 換気扇の上っかわの、はみ出てるプラダン部分を窓枠の上の、ガラスが収まる隙間へ突っ込むw
 正確ならカラーボードのカーブ部分が窓枠のゴムにピッタリと当たる予定なのだが…。

やっぱりか~ (;一_一)


 さて…、どうだ? ウ~ン良いとこだな(*´ω`*)

 前回作った時にはこのカーブ部分の隙間対策として、隙間テープを半分に切って使ったからな~w

 大幅な進歩であると思う。 だが、すべてが巧くいくとは限らないのが世の定めである(*´Д`)

 窓ガラスを上にあげて、換気扇下のカラーボードで出来た隙間に押し込んだところ、力が強すぎたのであろう。

 換気扇の外側のカラーボードが、少し浮き上がってしまっている(*´Д`)
 多分、ファンに被せた虫よけ網が、両面テープの接着力を減少させたため、はがれてしまったと推測される。

 また、ギュって押したらくっついたが、ガラスを押し上げる時は繊細な力加減が必要だと分かった(/ω\)

 対策はまた考える事にしよう、まだ網戸の設置が残されているし、窓の目隠しも検討しなければならないからねw

 さて、明日も頑張るかな??  車中泊関連記事はこちらです (`・ω・´)ゞ