車の網戸は換気扇能力を上げる(`・ω・´)ゞ(おやじの恋快適化計画)

        車の網戸は換気扇能力を上げる(`・ω・´)ゞ(おやじの恋快適化計画)

網戸と言うより網張(/ω\)


PCの時、麦クリ画像開くで大
 初めて車に網戸と換気扇を付けたのは昨年の7月頃、師匠と一緒に作成したが今回は一人である(*´Д`)

 まあ、何度も作り直ししているので、さすがに出来るでしょ?
 そう自分に言い聞かせて2代目の車にも付けるのだが、あいかわらず上手ではないと思う(/ω\)
 と言う事で、昨日、換気扇が仮完成したので、今日は網戸と言うか、窓枠に網戸用の網を張っていく作業を行おうと思う。

 詳しい、取り付け法等の過去記事はここにリンクしておくので参照してみて下さいな。

 ただ、ネット上には俺より上手な作成法があるので、比較するのはアウトです(*´Д`)

 心の中の気持ちとしては、黒色の網を張りたかったが、前に仕入れた網が未だ残っているので、今回はそれを使用する事にした。

 最初に窓より一回り位(2cm)大きめに網を裁断し、大丈夫か? と思う位大きさの確認をする(/ω\)

 車によって窓枠についているゴム幅が違うのだが、大体ゴム幅より少し大きめと言ったところだw

経験とは苦い思い出(*´Д`)


 以前、裁断した網が大きすぎ、ゴムの中に納まらないと言う失態を犯したからね(/ω\) 経験と言うものは、作業の効率化にも影響を与えるのだ。

 今回、網を付けるバンの窓幅は換気扇の時に明らかになったが、5㎝程幅が大きい。 しかもワゴンと比べると、窓枠のゴム幅は狭くなっている感じがするのだ(; ・`д・´)

 そして、網の下側は配線カバーで止めるのだが、これを接着させるスペースが明らかに狭い(*´Д`)

 何とか斜めにする事で、配線カバーを張り付けたが、接着力が心配となってくる。

 何度もすぐに剥がれてしまうようだったら、換気扇と同じ構造で作るしかなくなるだろうが、カラーボードの大きいのが在庫切れなので、このまま成功する事を祈るばかりだw
 それでは、網の裁断も終わったようなので作業を始めるが、窓枠のゴムに網を押し込んで嵌めるだけであるw

 だが、あんまり適当にやり過ぎると、真ん中らへんに、たるみが出来たりして、テンションに均一性が見当たらない状況になってしまうのが注意点である。

 なので今回は上の真ん中から、両サイドへ進み、上部の角2つは、そのあとにしてみたw

 何が正解か分からないし、網の適正な張り方なんて習った事がないからな~?

換気扇も改善したぞw


 簡単に言うと、試行錯誤中であるとの認識で間違いない。

 やり始めこそ指を使わなければならないが、大まかに差し込むことが出来たら、硬質のカード(キャッシュカード等)を利用するとカードの幅分を、奇麗に一気に押し込める事が出来るので使った方が楽である。

 だが、力に任せすぎると、網の目を広げる事態になってしまうので、あくまでも優しく、そして、じわっと強く押し込むが、基本となる(*ノωノ)

 上・横・角が終わったら、窓枠のゴムに沿って両指で均等になるように慣らしてあげようw

 最後に下側に垂れ下がった網だが、これもあり過ぎると、配線カバーからあふれ出るので、ギリギリにカットして、配線カバーの蓋を嵌め込めば完成であるw

 これで、全面網戸が出来たのだが、窓は半分しか開かない
(;一_一)
 まあ、材料費があまりかからないのが良いよね~。

 あ~、換気扇のカラーボードが浮き上がる件だが、ボルトとナットで固定したらOKだったわw

 車中泊関連記事はこちらです (`・ω・´)ゞ