カーテンを切ってカーテンを作る(*´Д`)(おやじの恋快適化計画)

        カーテンを切ってカーテンを作る(*´Д`)(おやじの恋快適化計画)

素材選びが肝心(`・ω・´)ゞ


 カーテンレールの目途がついたので生地を仕入れに専門店に行って、スタッフさんに声をかける(/ω\)

 「車のカーテンを作りたいんだけど、お安い生地はどこにあります?」
 スタッフさんは生地の所へ連れて行ってくれ「こちらが安い生地ですが、薄いですよ?」

 なるほど、向こうが透けて見えるくらいペラペラである
(;一_一)

 「これでメーター500円なので、厚い生地になると1000~1500円以上になってしまいますね」

 「あ~、お高いですね(*´Д`)」 するとスタッフさんがコソコソとおっしゃるw
 「ニトリとかのカーテンを切った方が安いと思いますよ… (⌒∇⌒)ニコ 」

 と言う事で、ニトリへたどり着いた訳だが、普通のカーテンを仕入れると結構な、お値段となる事は分かっている。

 そこで向かったのがアウトレットコーナーと言う、古くなったり、売れ残り、規格外の物が寄せ集められている場所である。

 どんなお店でもある、ワゴンセール?? 10%OFFみたいなものですかねw

お安いアイテムをゲットw


 さて、と品定めを始めるが、さすがと言うか個性豊かな強者アイテムが並んでいる(*´Д`)

 だが、カーテンの場合は見分けやすくて良いかもしれない
(*´ω`*) 絶対売れ残りそうな柄の中に、いくつかの地味なものが光って見えるからねw

 そして今回は、大きめのカーテンを仕入れてカットして使うのである。 目を凝らせば自然とブツが絞られていく事になる。

 そして、大きめである1m×2mが2枚入って3,000円ちょっとの物をチョイスした。

 巧く切り分ければ、ハッチバック×1枚とスライドドア×2枚分の目隠しカーテン? も取れると踏んだからである。

 翌日、カーテンの切り方と縫い方をネットで学び、カーテンに印をつけるw
 最初はカーテンレールに装着するやつである。

 105cmでカットし、折り返しを作って、針で縫い付けていくのだ?

 何故って、家にはミシンも無いし、アイロンもないからシールも使えない、だから手作業しか方法はない(`・ω・´)ゞ

ソーイングブルース(*ノωノ)


 マジックで印を付け、真っすぐ切ったつもりだったが、結構曲がるもんだな~と我ながら感心する(/ω\)

 折り返しがズレないようねクリップや洗濯バサミで固定し、縫い始めるが、相変わらず汚い縫い目であるw 

 糸が白色で見えにくいから良いとしても、物凄く時間がかかる(*´Д`)

 老眼で糸を通すのもやっとだと言うのに、折り返した分、厚くなって力をようするのだ。

 片方だけだが、1時間近くかかってようやく完成、だが、車にレールを着けて、カーテンの試着をさせねばならない。

 レールと天井の隙間に硬質ウレタンを挟みクッション材にし、ネジを締め付けるとがっちりと固定された(*´ω`*)
 カーテンフックをランナーに取り付け車の端っこを確認すると丁度、内張りの隙間があったのでフックを差し込むと良い感じだw

 問題は次のフックだが…、いい案が浮かばないので後にする事に(/ω\)

 あ~、カーテン止めの仕方も考えないとなぁ~。 とりあえず丈も良さそうなので、もう一枚やっつけようかw
 車中泊関連記事はこちらです (`・ω・´)ゞ