一人暮らしの高齢者が心配な事?(おやじの恋快適化計画)

        一人暮らしの高齢者が心配な事?(おやじの恋快適化計画)

恥ずかしがり屋のじじい(*´Д`)


 デイサービスの利用については家に閉じ籠りがちになる場合、利用した方がボケ進行防止にも良いと思うし、一人暮らしだとおしゃべり相手も出来るので心のケアにも良いと思う。

 なので特に悪い所は無いのだが、男性にはあまり人気がないようである。

 その原因の一つに試しに通ってみた時に遭遇してしまう、お子ちゃまがやるようなゲームへのお誘いがあげられる(*´Д`)
 しかし、このゲーム等は施設のスタッフが利用者に飽きられないようにと、一生懸命考えたり、情報を仕入れたりして行われているのを忘れてはいけない。

 女性はある程度、このようなイベントには親しみやすいためか、すぐに馴染んで楽しむようだが、照れ屋で頑固なおやじにとっては地獄のようなものである。(あくまで、個人的意見です)

 俺は見ているだけで良いからさ~、あ~こっち見ないで、誘わないで欲しい、そんな感じであろう。

 これは、今の利用者の年代の男性にとっては、ほぼ共通の願いであると思う。

素直になれないじじい(*´Д`)


 どうしてもゲームしなくちゃダメなの? せめて将棋や碁ならともかくと思うが、女性が多いために相手が存在しない事に気づくのである。

 その結果、勧められてお試しでは行ってはみたが、行きたくないな、というケースが出てくるのだ。

 しかし、食事や風呂に入れることも魅力であるので、ゲームをやらないという条件で通うケースもある。
 以前、TVでギャンブルを前面に出したデイサービスの放送があったのを思い出す。

 放映された映像で、男性の占める割合が物凄く多かったのが印象的だったのである。

 もちろん女性も1/3位は居て、その手には、その施設だけで使える紙幣が握られていたのを憶えている。
 この位まで男性の割合が増えると、マージャンなどの頭を酷使するゲームも出来るようになるので、ここへお試しで来た場合は、ボケ防止という目的を表明し、文句なく通う事になると思う。
(重ねて記載しますが、あくまで、個人的意見です)

 これは潜在していた需要を見事に掘り起こした成功例であると自分は思った。

 残念ながら、函館近郊でそのような施設ができたとは聞いていないが、自分が通う羽目になる可能性もあるので、それ迄には、ぜひ造って頂きたいと願うのである。

 なんて言ったって、介護保険の適用を受けて、遊べて・風呂入って・飯まで食えるのだ。

 そうだ! 思い切ってお泊りデイサービスも飲み屋さん風にして、お酒を少し飲めるように出来たら、通いつめてしまうかもしれないなぁ(*´ω`*)

 もし設立したい方がいたら、全身全霊をもって貢献させて頂きたいと思う、おやじであったw

 健康と食事関連記事はこちらです (`・ω・´)ゞ