白色キューティクルを守れ?(おやじの恋快適化計画)

        白色キューティクルを守れ?(おやじの恋快適化計画)

オールグレーを手に入れろ


 いつの頃からだろう? 多分50代になってからだと記憶しているが白髪が増えてきた。 幸いハゲる兆候はなかったのだが、このまま進行するとオール白髪が完成するかもしれない。

 白髪とは関係なく20代の時、何度か髪の毛を染めようとチャレンジした時に、自分の髪は染まりにくい事が確認されているので、今、白髪を染めても多分、中途半端な感じになる事が予想される。
 それならば、穏やかな心で、全てを受けとめてあげよう、筆者が白髪に抗う事を拒むのも頷けるのではないだろうか。

 そう、神は髪を見放したのである。( ゚Д゚)

白のメカニズム


 髪の毛が生える時は、元々白いそうである、伸びる途中にメラニン色素で色が付いていくそうだ、長ネギが畑で育つ時は、土で覆われている所は白いのとイメージを重ねると分かりやすい。

 そして、髪を色づけるメラニンを供給する細胞に何か起こった時、髪は白いまま育つ事になる、白いウドは太陽の光を当てないように育てるそうだが、そのイメージが分かりやすいかもしれない。
 メラニンを供給するシステム異常は、紫外線を多く浴びてしまったり、頭皮をきれいにしようと、こすり過ぎたり、睡眠不足などの原因が考えられるそうだが、ストレスも1枚かんでいるらしい。

 また出てきたなコイツ、ストレスというやつは何にでも首を突っ込んで来る、タチの悪い性格を持つお節介な奴だとS級認定してあげよう。

 アレだ、恐怖の体験をした結果、一晩で髪の毛が真っ白になってしまったという話が分かりやすいだろうか?

情報提供


 とりあえずの情報だが、頭皮のケアグッツ美容液?とか、頭皮マッサージとかが白髪に有効らしいし、メラニン色素活性化に手を貸してくれる、チロシンを多く含むチーズや大豆等を摂取し、海藻類を併せて食べると良いらしい。

 そして、仕事を辞めてから備蓄するようになった顎鬚なんだけど、こいつも白くなってしまったのである。
 まあ、真っ黒だといかにもって感じだけど、白いとあんまり目立たなくて、気に入ってはいるんだけど、頭部の白と顎の白はセットとして、かわいいお姉さんに受け入れられるのかという、問題が生じるのである。

こだわりを捨てろ


 オールグレイのリーゼントに白いハズキルーペ、そして白い顎鬚である…イイかもしんない(*ノωノ)

 いや、本人が良いといってもだな、世間様の目があるしな、顎鬚についてリサーチしてみると、髭を否定する女性が圧倒的に多い事が分かった。
 アレっ、そんなにワイルドな髭じゃないんだけどなぁ、調査対象が「髭のある男性」と大雑把すぎるしな、参考にしない事にしよう。(;一_一)

 だが、圧倒的に黒い髪が占めている今の頭部は、自分が描き、目指している“シブい・ジジい”には程遠い、これから、ゆっくりと育ててあげよう。

 健康と食事関連記事はこちらです (`・ω・´)ゞ