修正か削除か、それが問題だ(*ノωノ)(おやじの恋快適化計画)

        修正か削除か、それが問題だ(*ノωノ)(おやじの恋快適化計画)

修正か削除か(;´Д`)


 今、ブログ記事の整理をしながらグーグル様の仕様書? に基づいて手を付けていなかった過去記事のAMP用画像等の修正をしている訳だが、なかなか面倒くさい(*ノωノ)

 自分の場合、一日一記事が限界だが、次に訪れた危機は何日も続く現実であるw

 グーグルでは価値のあるページを作る事が大切だと推奨されている事を考えると、自分のブログの大半が価値のない物と推察され、もしもパーセンテージでブログ全体を判定された場合には、ギルドに登録したばかりのランクF冒険者くらいであろうかと思う。
 とはいえ、最初に作った記事は、どのくらいのポテンシャルを持っているのかも気になるのもあるし、日の目を見ていないだけの物もあるかもしれない?

 というのも最近の記事はみなさんの応援もある事から全体的に3桁はいっているが、ある線から以前は2桁の低いラインから変化がないのである。

 これはアナリティスクの解析から分かったのだが、多くの方はTOPページに訪問し、目的のページのみで終わってしまうパターンが多いという事になる(*´Д`)

 できれば、そこから記事をたどって欲しい所ではあるが、専門に特化している訳でもないので無理な注文である事は理解しているからね~。

 そこで、素直な気持ちで書き連ねた記事を、ただ削除してしまう事が出来ない自分が考えついたのが、記事の修正という方法で無理やりTOPページに持ってくるという事だった。

 しかし、そのままでは季節や現状況等との時系列的矛盾が生じてくることに気がつく。

 でも、まあ、とりあえず季節感の無いやつからいってみようかと、安易に始めたのだが、AMP記事用に適合できるように禁止タグを手直しできる事が分かり、このまま続けて行こうかと思いなおす事にしている??

 でも、やっぱり、記事内容が現状とあまりにもかけ離れている場合は、一から調査し、書き直さなければならないと思う記事がある(;一_一)
 これに関しては、ある程度時間をかければ、何とかなるような気持ちにはなったが、面倒くさいと思う自分もいる(*´Д`)

 また、自分でも何だこれは? と思う記事には、生まれ変われる要素がない事は分かるのだが、スパッと削除できないのは何故だろう?

 でたぞ~殿下の宝刀【優柔不断】、このような例で使っていい言葉かどうかは分からないが、どうしようもない事をウジウジ考えている事は間違いないのである。

 いや~、この性格はもう治んねーだろうなw と開き直るしかない。

 そんな訳で、寒くて車中泊系の記事が書けていない俺は、修正か削除の狭間を行ったり来たりしている(*ノωノ)

 ブログ作成関連記事はこちらです (`・ω・´)ゞ