今年はまだプチひきこもり中?(おやじの恋快適化計画)

        今年はまだプチひきこもり中?(おやじの恋快適化計画)

プチひきこもり中?


 年が明けてからまだ本格的? な外出はしていない。 コロナの所為もあるが散ポケと自宅でスクワットとラジオ体操を行い運動と称し、たまにスーパーへ食料品の仕入れに向かうだけである。

 さて「ひきこもり」とは何なのかな~と調べてみるとこうなっていた。

 ひきこもりの定義と言う物があるらしい(条件? 6ヵ月以上にわたって)
 2016年に国が行った『若者の生活に関する調査報告書』(15~39才)で「ひきこもり」群の出現率は1.57%、全国で約54万人となっているが40才以上はカウントされていない。

 ひきこもりの原因は職場や学校などの人間関係がうまくいかなかった場合が多く、だんだん外出しなくなり、そのうちに家族とも疎遠状態になって自室にいる事が多くなるそうだ。

 まあ40才以上のカウントはされてないにしても、自分の行動を表に当てはめると準ひきこもり位に該当すると思われる(/ω\)

 だから自分の場合は、重度のひきこもりではないので飲みに誘われればすぐに駆けつけられるのであるw

 それにポケモンやる前から散歩には行ってたし、スーパーに買い物にも行ってたしね~。

 そういえばTVで40才以上の子供が高齢となった親の年金に依存しているケースが増えているという、そうである39才でひきこもりが突然治る訳ではないのだ。

 そしてその殆んどが若い年代、冒頭のひきこもり群から大人になる迄引きずってきたケースであるという。

 また親の介護をするために仕事を辞め、実家に戻ったが再就職先が決まらないケースなどもあるというが、これはひきこもりではないと思う。
 大人のひきこもりについてはNPO等で相談や解決に向けての援助を行っているみたいだが、その数が少ないのに「ひきこもり」群が増加している傾向があるとの情報もあり、どうしようもない状態のようである。

 一旦ドロップアウト、仕事を辞めたりすると、なかなか思うようにやり直せない社会なのだろうとは思うが、ストレスの少ない楽な仕事がしたいと思う人も居るのではないだろうか(/ω\)

 特に俺なんかは打たれ強いのでストレスを貯め込みやすいのだ、ある時、飽和状態になった時、一気に症状が現れ、ステロイド系のお薬のお世話になるのだ(*´Д`)

 話は戻るが高齢の親が生存している間は良いのだが、親は自分が居なくなった時の子供の生活を考えると何とかしなくてはと思うが、自分ではできない。

 それで子供に一時的には嫌われる事になるがNPOなどに相談し、ひきこもり解除をお願いするのである。

 よし、今日はこれから外出して外の空気を吸ってみるか? じゃあ、ついでにタバコと酒買ってきて~(*´ω`*)

 男の思惑関連記事はこちらです (`・ω・´)ゞ