バーボンのストレート(おやじの恋快適化計画)

        バーボンのストレート(おやじの恋快適化計画)

一人二役w


 普段は焼酎のお湯割りをつつましく頂いている自分だがたまには強い酒を味わいたくなる事がある。

 おい ウイスキーだ
 バーテンになったつもりの俺が頷きショットグラスにそれを注ぐ

 グラスを受け取った俺は、一気に飲み干してグラスを返す

 もう一杯くれと俺に言う

 旦那、これから何かあるんですかい?

 いや、終わったんだ

 じゃあ、お祝いですかね?

 そんなもんだw (涙がこぼれるのを見られないようにする)

 おや、聞かなかった方が良かったかな

 黙って、グラスを差し出す俺

 黙って、グラスに酒を注ぐ俺

 これで売り切れですよ、旦那

 あ~丁度、お湯が沸いたようだ、そろそろ焼酎にするよ

寒いうちに出来る事?


 という事でお湯が沸くまでバーボンを飲んでいました。 きつい酒はほどほどにしないと体に良くないですからね~。

 今日は散歩にも行ったし、腕立てや腹筋をしたので、最近の自分としては体を動かした方であるw

 もう少し先の春を感じられるようになったのか散歩コースにはだんだんと人が多くなってきており、犬の散歩の方々もチラホラしていた。
 とは言えまだ寒いからな~、今日は鶏肉と豆腐で水炊きでもしてみるか、たまにポン酢でさっぱりと温まるのもいいなあ、等と思いながら歩いていたのだが、実際は簡単な夕食で済ますのであった(*ノωノ)

 以前はつまみを食べながらお酒を頂いていたが、食物を胃に入れてから飲んだ方が体には優しいとの情報を見てから、なるべくそのようにしている。

 俺の親父は飯を食ったら酒が不味くなると言っては肴を少しつまんではチビリチビリと飲んでいた。

 だとしたら、バーボンをグイっと飲むんだったら、そっちの方が良かったのかと思う?

体に良い酒はない(*´Д`)


 違うか? もともと強い酒っていうのは体を温めて寒さを乗り切るために人は飲むんだよな~、ロ〇アの人みたいに??

 でも、お湯で割った焼酎も温まるけどな、そのまま原液で頂くとなると強めの酒となるのかね。

 ネットで調べてみると、お酒を飲むと一時的に血管を拡張させるので体内の熱を含んだ血液が普段より多めに循環するため暖かくなるようだが、その後、体内の熱を放出し終えた血液が体を冷やす事になると言う事だった。
 あと 酒の原料が米やブドウの場合は体を温めてくれる作用があるが、麦は体を冷やすようである。

 ちなみに焼酎は体を冷やす傾向があるらしい(*´Д`)

 ん? 俺はお湯割りの焼酎を飲んで温まっていたと思っていたが、それは一時的な事で、実は体を冷やすのに協力していたことになるのか(*´Д`)  寒い冬は、やっぱり日本酒かね~w

 健康と食事関連記事はこちらです (`・ω・´)ゞ